- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬が2週連続で8強、次戦は第2シード下した世界239位<フィフス・サード・バンク・テニス>

男子テニスツアーの下部大会であるフィフス・サード・バンク・テニス(アメリカ/レキシントン、ハード)は24日、シングルス2回戦が行われ、第7シードの伊藤竜馬(日本)M・オートム(ベルギー)を7-5, 6-3のストレートで下し、先週のグランビー・チャレンジャーに続き2週連続となるベスト8進出を果たした。

この試合、8本のサービスエースを放った世界ランク170位の伊藤竜馬は、同192位のオートムに3度のブレークを許すも、それを上回る6度のブレークに成功し、1時間27分で勝利した。

伊藤竜馬は準々決勝で、J・ワード(英国)と対戦する。世界ランク239位のワードは、初戦で第2シードのO・ロクス(ベルギー)をストレートで下している。ワードに敗れた32歳のロクスは、2005年10月に自己最高ランクとなる24位を記録した実力者。

また、今大会には伊藤竜馬の他にも日本勢から守屋宏紀(日本)が出場したが、1回戦で予選から勝ち上がったG・ジョーンズ(オーストラリア)に逆転で敗れ、初戦敗退となった。先週のグランビー・チャレンジャー準々決勝で守屋宏紀は、伊藤竜馬との日本人対決を制しベスト4進出を果たしていた。


■関連記事■

《サービスで圧倒、伊藤竜馬は隙与えず<フィフス・サード・バンク・テニス>》

《錦織は自己最高タイ<世界ランキング>》

《守屋宏紀は第1シードに力及ばず、日本勢全滅<バンク国際グランビー・チャレンジャー>》

《伊藤竜馬は日本人対決に敗れる<バンク国際グランビー・チャレンジャー>》

《「少し無理が続いていた」、添田は腰痛だった事を明かす<ギマランイス・オープン>》

(2013年7月25日11時55分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月23日

ティーム ツォンガ破り2回戦へ (9時15分)

ズベレフ撃破「気分良い」 (8時25分)

10月22日

錦織8位 日本勢の世界ランク (16時36分)

最終戦ランク 錦織は今季終了 (15時12分)

ディミトロフ 勝利数300達成 (13時56分)

デ杯 日本代表メンバー発表 (11時17分)

フェデラー わずか52分で勝利 (10時50分)

錦織 右ひじ手術で今季終了へ (10時27分)

10月21日

今季初V 昨年覇者に快勝 (21時25分)

今季2勝目「重圧なかった」 (20時50分)

青山/ 柴原組 2週連続V (18時58分)

西岡 バーゼル本戦入りならず (17時49分)

ナダル 故郷マヨルカで結婚式 (17時00分)

ルブレフ 誕生日に地元でV (15時39分)

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!