- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「1週間あるので、しっかり練習」<ゲリー・ウェバー・オープン>

男子テニスツアーのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝)に第4シードで出場した錦織圭(日本)は、初戦で元世界ランク8位でノーシードのM・ヨージニ(ロシア)にフルセットで敗れ、上位進出とはならなかった。

錦織は自身の公式ブログでゲリー・ウェバー・オープンを振り返った。

「出だしは自分にとって芝1戦目ということもあり、少しプレーが固かった。」と、第1セットについて錦織はコメント。

続けて「2セット目から落ち着きを取り戻し、しっかりキープできてました。タイブレークもぎりぎりでしたが、なんとか気合でとりました。」

勝敗がかかる第3セットについては「3-3でブレークポイントがあったのですが相手のスーパープレーで取れず。その次のゲームに集中力を切らし、取られてしまいました。」と、錦織。

今季初の芝コートでのプレーについては「やはり芝ではサービスゲームがキーになるので、集中力をどれだけキープできるかです。サーブもいつもよりスピードを上げて、フリーポイントを増やせるようにしないといけません。」と、錦織は語った。

M・ラオニチ(カナダ)とのペアでダブルスにも出場した錦織は、第1シードのA・クレシ(パキスタン)/ JJ・ロジェール(アンティル)組を6-7 (4-7), 7-6 (7-5), [10-3]の大接戦を制し8強へ駒を進めるも、準々決勝ではP・コールシュライバー(ドイツ)/ ヨージニ組にストレートで敗れた。

錦織は「初めてのラオニチとのペアで不安はありましたが、とてもやりやすかったです。特に彼(ラオニチ)のサービスゲームは楽でした。立ってるだけでいいゲームもしばしば。笑」と、ペアであるラオニチについてコメント。

加えて「逆にリターンをうまく返されるとサーブが早すぎるので自分の反応が難しかった。ラオニチも前につめる時間がないのでボレーが難しくなったりという、今まで感じたことがなかったのもありました。」

コールシュライバー/ ヨージニ組との準々決勝については「お互いイージーミスが増えてしまい、あまりチャンスはなかったかな。でも少しでも芝で試合を積めたので良かったです。」と、錦織。

今後について、錦織は「まだまだ芝で自信を持って戦えるとこまではいってないですが、これからウィンブルドンまで1週間あるのでしっかり練習します。今日ドイツから移動してきてロンドン入りしました。」と、意気込みを語った。

今年に入り錦織は、5月に行われたムチュア・マドリッド・オープン男子3回戦で元世界ランク1位でグランドスラム最多17度の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)を下す大金星をあげた。

そして、全仏オープンでは4回戦でR・ナダル(スペイン)に完敗を喫すも、初の16強入りを決めると同時に、日本男子として1938年の中野文照以来75年ぶりの4回戦進出となった。さらに錦織は、6月10日付の世界ランキングで自己最高ランクとなる13位を記録した。

《ゲリー・ウェバー・オープン 対戦表》


■関連記事■

《錦織は元8位に敗れる、芝で調子あげられず<ゲリー・ウェバー・オープン>》

《錦織圭が自己最高ランク更新<世界ランキング>》

《錦織がフェデラーと練習<ゲリー・ウェバー・オープン>》

《錦織「やはりナダルは強かった」、そして「8への壁を早く破りたい」》

《【映像付】錦織「跳ね返された」、ナダルの誕生日に完敗<全仏オープン>》

《【映像付】ナダルが錦織を称賛「トップ10入りはすぐに叶うだろう」<全仏オープン>》


■関連動画■

《錦織圭がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《錦織がナダル、フェレールらと豪華ミニラリー!さらにナダル大会8度目の優勝なるか!?ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

(2013年6月16日14時39分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!