- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

昨年飛躍ヤノヴィッツが敗退、21歳新星現る<ゲリー・ウェバー・オープン>

男子テニスツアーのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、賞金総額77万9665ユーロ、芝)は11日、第7シードのJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)がシングルス1回戦で敗れるシードダウンの波乱に見舞われた。

この日一番の金星を飾ったのはラッキールーザーのM・バシック(ボスニアヘルツェゴビナ)で、ヤノヴィッツを7-6 (7-5), 3-6, 7-6 (7-5)の接戦の末に下し、ATPツアー本戦のデビュー戦を白星で飾った。

世界ランク240位のバシックは、昨年の慶應チャレンジャー、ダンロップ・ワールド・チャレンジにも出場しており、それぞれ準優勝、ベスト8を果たしていた。今大会でバシックは、P・ペッツシュナー(ドイツ)が肩の怪我を理由に試合直前に欠場を表明して、ラッキールーザーとして自身初となるATPツアーの本戦に登場した。バシックは試合当日の正午過ぎに本戦入りを知らされてからの勝利だった。

「普通は本戦入りが出来た事を喜ぶべきだけど、最初はちょっと怖かったんだ。センターコートでプレーする事を知って、緊張していたのさ。」とバシックは、突然の本戦でのプレーに気持ちの準備が出来ないまま臨んでいた事を明かした。

「正直、予選の最後の試合に負けた時は、あまり良いプレーが出来ずにいたから、今日の試合もほとんど期待していなかったんだ。第1セットはリターンが良くなかった。第2、第3セットと徐々に試合に集中出来て、最後はより良いプレーが出来たと思う。」と勝利に驚きを隠せなかった。

バシックは自身初となるATPツアーのベスト8入りを懸けて主催者推薦で出場のM・ズベレフ(ドイツ)と2回戦で対戦する。

今大会の優勝賞金は、シングルス12万3400ユーロ、ダブルス3万7500ユーロ。

《ゲリー・ウェバー・オープン 対戦表》

【大会3日目スケジュール】


■関連記事■

《ヤノヴィッツが4時間で大逆転◇全豪オープン》

《昨年、大旋風を巻き起こしたヤノヴィッツが金星<BNLイタリア国際男子>》

《世界3位マレー、21歳新星に力尽きる◇BNPパリバ・マスターズ》

《第3シードの杉田は第2セットで失速◇慶應チャレンジャー国際テニストーナメント》

《21歳の若手日本人は8強ならず◇慶應チャレンジャー国際TT》

《杉田、守屋が勝利し4強出揃う◇ダンロップ・ワールド・チャレンジ男子》


この日行われた試合結果は以下の通り。

M・ラオニチ(カナダ)(5) vs. ○G・モンフィス(フランス), 4-6, 2-6
P・コールシュライバー(ドイツ)(6) vs. ●C・ベルロク(アルゼンチン), 6-3, 6-1
●J・ヤノヴィッツ(7) vs. ○M・バシック, 6-7 (5-7), 6-3, 6-7 (5-7)
T・カムケ(ドイツ) vs. ●L・クボット(ポーランド), 6-4, 6-0
J・ワン(台湾) vs. ○C・M・ステベ(ドイツ), 2-6, 4-6
M・バグダティス(キプロス) vs. ○E・ガルビス(ラトビア), 4-6, 6-3, 3-6
J・シュトルフ(ドイツ) vs. ○L・マイェール(アルゼンチン), 6-7 (4-7), 4-6
J・メルツァー(オーストリア) vs. ●R・ゲディン(イタリア), 7-6 (7-5), 3-6, 6-4

(2013年6月12日12時49分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!