- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

史上最多8度目の優勝狙うナダル「永遠に優勝を続ける事は出来ない」<全仏オープン>

5月26日から開幕するテニスのグランドスラムである全仏オープンで、昨年大会史上最多となる7度目の優勝を飾ったR・ナダル(スペイン)が、現地木曜日に大会会場で練習を行った。10度を下回る低い気温の中、フィリップ・シャトリエ・コートで行われた練習では、右膝にテーピングを施して自身8度目の優勝へ向けて元気な姿をみせた。

2005年、当時世界ランク5位で全仏オープンに初出場だったナダルは、準々決勝で同胞のD・フェレール(スペイン)、準決勝では当時世界ランク1位のR・フェデラー(スイス)、決勝戦ではノーシードから勝ち上がったM・プエルタ(アルゼンチン)を下し、初優勝を飾った。大会期間中に19歳になったナダルは、19歳と2日で自身初となるグランドスラムで初の優勝だった。

その後、ナダルは2009年の今大会に世界ランク1位で第1シードとして出場するも、4回戦で当時世界ランク25位だったR・ソデルリング(スウェーデン)にまさかの敗退を喫し、その直後には度々苦しめられる事となった右膝の怪我によりツアー離脱を余儀なくされてしまった。

しかし、全仏オープンではその1度しか敗れていないナダルは、これまで52勝1敗と驚異的な成績を残している。

昨年、7度目の優勝を飾った直後に出場したウィンブルドンで、まさかの2回戦敗退を喫したナダルは、その後膝の怪我からツアー離脱。

そして、今年2月に復帰を果たしたナダルは、現在まで出場した8大会全てで決勝進出。そのうち6大会で優勝を飾るなど、今季の成績を36勝2敗とし、全仏オープンでも優勝最有力候補とされている。

ナダルは「今は、どの瞬間もエンジョイ出来ているんだ。8大会連続での決勝進出は、本当に素晴らしい事。4・5カ月前には、そんな事を考えられなかったからね。」と、復帰後の結果に驚きを隠せなかった。

そんなナダルは、冷静に状況を判断していた。

「この全仏オープンでこれまでの8年から9年間の間に自分に起きた事は永遠には続かないって、常に思いながらコートに立っているんだ。誰だって永遠にコートに立つ事は出来ないし、永遠に優勝を続ける事だって出来ない。」と、ナダル。

さらに「いつ終わるかはわからないけど、今はそれがなるべく先になってくれるように、どの瞬間も慎重に過ごすようにしているのさ。対戦相手の全ての選手に敬意を払っているし、毎年このサーフェスで多くの試合に勝つ事が出来ていると感じているんだ。」と、話した。

そして「きっと、いつかベストのプレーが出来なくなって、謙虚な思いにならなければいけない日が来るだろう。」と、現実をしっかり見据えていた。


■関連記事■

《錦織が世界9位ガスケと練習<全仏オープン>》

《ナダルがフェデラーに完勝、通算56度目のタイトル獲得<BNLイタリア国際男子>》

《ナダル、引退してもテニス「それは確かな事さ」》

《全仏でナダルに唯一勝利したソデルリング、病を克服できるか》

《フェデラー、ナダル撃破について「ジョコビッチなら」<全仏オープン>》

《ナダルが逆転、通算53度目の栄冠手にする◇BNPパリバ・オープン男子》


■関連動画■

《錦織がナダルらと豪華ミニラリー!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

《ナダルが全仏優勝への想いを語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.167》

《歴代のクレー王者ランキングを発表!ATP男子ツアーマガジン Vol.167》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年5月24日11時08分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!