- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル「8大会連続の決勝進出は最高」、フェデラー撃破なるか<BNLイタリア国際男子>

男子テニスツアーのマスターズ大会であるBNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、レッドクレー)は土曜日にシングルス準決勝が行われ、R・ナダル(スペイン)が第6シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)を6-2, 6-4のストレートで下し、今年に入り8大会連続で決勝進出を果たすと同時に、今大会7度目の優勝の王手をかけた。

ナダルは決勝で、第2シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。ナダルとフェデラーは、今季で2度目の対戦となる。今年3月に行われたBNPパリバ・オープン男子では、ナダルがフェデラーを圧倒している。

準決勝後、ナダルは「8大会連続の決勝進出を決められて、最高だね。4・5カ月前は、このような事を考える事さえ出来なかった。決勝では、いい試合をしたいね。どんな結果になろうとも満足さ。」と、話した。また昨年の7カ月間の戦線離脱後、ツアーに復帰しているナダルは、体調について「身体的に上向きだよ。」と、コメントしている。

「何カ月もの間、復帰出来るかわからない状況にあったから、エモーショナルになる瞬間があるんだ。今のテニスのレベルは、4カ月前には夢にも思わなかったほどのレベルにあるからね。」と、ナダル。

両者の対戦はこれまで29度あり、ナダルが19勝10敗でリードしている。クレーでの対戦は今回で15度目となり、これまでの14度の対戦ではナダルが12勝2敗とフェデラーを大きく引き離している。

膝の怪我により戦線離脱を余儀なくされていたナダルは、今年2月のVTRオープンで復帰を果たし準優勝、その後に行われたブラジル・オープンとアビエルト・メキシコ・テルセル・オープン男子の2大会で優勝。さらにハードコートのBNPパリバ・オープン男子では、通算600勝達成と同時に、ツアー53度目となる優勝を飾った。

モンテカルロ・マスターズでは前人未到の大会9連覇を目指すも、決勝で世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に阻まれ準優勝に終わった。しかし、ナダルの勢いは衰えず、その後のバルセロナ・オープン・サバデルとムチュア・マドリッド・オープン男子では優勝を飾っている。現時点でナダルの復帰後の戦績は、35勝2敗。

この日行われた試合結果は以下の通り。

○R・ナダル(5) vs. ●T・ベルディフ(6), 6-2, 6-4
○R・フェデラー(2) vs. ●B・パイユ(フランス), 7-6, 6-4

《BNLイタリア国際 男女ドロー表》


■関連記事■

《【映像付】ナダルが復帰後5勝目「僕が求めていたプレー」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《ナダルが大会8度目の栄冠、通算54度目の優勝◇バルセロナ・オープン・サバデル》

《王者ジョコビッチが初の栄冠、ナダルは9連覇の夢絶たれる◇モンテカルロ・マスターズ》

《錦織らシード勢の早期敗退が相次ぐ<BNLイタリア国際男子>》

《落胆の世界1位ジョコビッチ、勝者称える「素晴らしい」<BNLイタリア国際男子>》

《錦織はノーシードからチャンスつかめず<BNLイタリア国際男子>》

《錦織「いつまでも彼が僕の目標」、フェデラー戦振り返る》

《フェデラー破った錦織「最高の勝利の1つ」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》


■関連動画■

《錦織がナダルらと豪華ミニラリー!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

《ナダル9連覇達成か、王者ジョコビッチか!?ATP男子ツアーマガジン Vol.168》

(2013年5月19日13時02分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!