- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】王者ジョコビッチ、5時間2分の死闘制す◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会7日目の20日、世界ランク1位で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第15シードのS・ワウリンカ(スイス)に1-6, 7-5, 6-4, 6-7 (5-7), 12-10のフルセットで勝利、大接戦の末にベスト8進出を決めた。

昨年の今大会決勝でジョコビッチは、R・ナダル(スペイン)との史上最長となる5時間53分という死闘の末に優勝を成し遂げていた。

ジョコビッチは、ワウリンカに69本のウィナーと16本のサービスエースを決められるも、15度あったブレークチャンスから7度のブレークに成功、5時間2分で試合に終止符を打った。

ジョコビッチのマッチポイントでは、ネットに出るワウリンカに対し、ジョコビッチがバックハンドのパッシングショットを決めた。ファイナルセットは、1時間44分にも及んだ。

もしジョコビッチが敗れていた場合、今大会にて世界ランク1位で第1シードの選手がベスト8を前に敗れるのは、2003年以来のこととなっていた。その時は、当時世界ランク1位で第1シードだったL・ヒューイット(オーストラリア)Y・エル・アイナウイ(モロッコ)に4回戦で敗れ、8強入りを逃していた。

ジョコビッチは、昨年R・フェデラー(スイス)に世界ランク1位の座を奪われるも、シーズン終盤でツアー優勝するなどで、王者返り咲きを果たしていた。さらにジョコビッチは、昨年ATPワールド・ツアー・ファイナルの決勝でフェデラーに勝利し優勝、シーズンを最高の形でフィニッシュさせていた。

ジョコビッチとワウリンカは過去13度対戦し、ジョコビッチが11勝2敗と勝ち越していた。

勝利したジョコビッチは準々決勝で、K・アンダーソン(南アフリカ)に勝利した第5シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)と対戦する。


【全豪オープン スコア速報】

■関連記事■

《錦織は2年連続の8強ならず、世界5位に完敗◇全豪オープン》

《クルム伊達、1994年以来の16強ならず◇全豪オープン》

《ジョコビッチが史上最長の決勝制し大会連覇◇全豪オープン》

《8強逃した錦織、フェレールについて「追いついてくる」◇全豪オープン男子デイセッション総括》

(2013年1月20日23時55分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!