- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー、試合後「かなりの接戦だった」◇ATPワールド・ツアー・ファイナル

男子テニスツアーの最終戦であるATPワールド・ツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、賞金総額550万ドル、インドアハード)は5日月曜日に開幕し、予選ラウンドロビンのグループAから2試合が行われ、今大会の開幕戦に登場した第3シードのA・マレー(英国)が第5シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)を3-6, 6-3, 6-4の逆転で下し、初戦を白星で飾った。

今大会は今季レギュラーツアーで獲得した総ポイントの上位8選手しか出場権が与えられない大会。しかし、今季獲得ポイントの4位にいるR・ナダル(スペイン)が膝の怪我を理由に欠場を表明したため、同9位のJ・ティプサレビッチ(セルビア)までの8選手が出場している。その8選手を2グループに分けラウンドロビンを行い、各グループの上位2選手の4選手が決勝トーナメントの準決勝へと進出し優勝を争う。

この日の試合でマレーは、第1ゲームで2度、第5ゲームでも3度のブレークチャンスを掴むも取り切れず、第6ゲームで握られたブレークポイントでベルディフにブレークを許すと、ゲームカウント2−4とリードされてしまう。

その後、ベルディフはリードを守り第1セットを先取する。

第2セットに入りギアを上げたマレーは、第4ゲームでベルディフからブレークに成功すると、このセット3度握られたブレークピンチを切り抜け、このセットを奪い返し、セットオールへと追い付いた。

勝敗を決める第3セットでマレーは、自身のサービスゲームで80パーセントと高い確率でポイントを獲得し、1度もブレークポイントさえベルディフに握らせないテニスを展開。さらにマレーは、サーブの調子を落としたベルディフから第3ゲームでブレークを奪うと、2時間16分の逆転で勝利。予選ラウンドロビンで1勝をあげた。

オープニングマッチとなったこの試合の始まりは華やかだった。「試合が始まる前の音響と会場の雰囲気は素晴らしかった。」と、その時のことを振り返るマレー。

「試合の出だしは良かったと思う。序盤のチャンスを生かす事ができなかった。お互い良いサーブを打っていたから、ファーストサーブではあまり相手にポイントを許していなかった。第2セットの序盤でブレークができて優位に試合を進められた。それでも第3セットもかなりの接戦だった。」と、試合を振り返っていた。

第2セット、ゲームカウント1−1のマレーのサービスゲームでは15−40と先にチャンスを掴んだベルディフ。その後デュースに戻されてからもアドバンテージも取り、3度のブレークチャンスがありがら奪えなかった。その直後のサービスゲームをブレークされてしまったベルディフは、そこがこの試合の鍵だったと振り返る。「本当に良い試合でお互い安定したプレーをしていた。ほんのわずかな差が今日の勝敗を分けたと思う。一番のターニングポイントは、第2セットの1−1の時で、ブレークポイントが3回あったのに取り切れなった時さ。」

勝利したマレーは「どうして選手はみんなこの大会へ出場したいと思っているかと言うと、誰でも望めば出場できる大会ではないからさ。みんな出場したいと思っているけど、8選手しか出場できない。この1年間の試合の積み重ねの結果だからね。」と、今大会への思いを語る。

加えて「ここは他の大会とは全く違う雰囲気さ。各選手に個人のロッカールームも用意されている。本当に素晴らしい大会なんだ。」と、大会がどれほど特別かを表していた。

マレーは、現地水曜日に第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

一方、予選ラウンドロビンのグループBには第2シードのR・フェデラー(スイス)、第4シードのD・フェレール(スペイン)、第6シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、第8シードのJ・ティプサレビッチがエントリーしている。

現地火曜日にはこのグループB2試合が予定されており、フェデラーがティプサレビッチと、フェレールがデル=ポトロと対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

【シングルス】
N・ジョコビッチ (1) ○-× JW・ツォンガ(フランス) (7), 7-6 (7-4), 6-3
A・マレー (3) ○-× T・ベルディフ (5), 3-6, 6-3, 6-4

【ダブルス】
M・グラノジェルス(スペイン)/ M・ロペス(スペイン) (6) ○-× B・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ) (1), 7-5, 5-7, 11-9
M・ミルニ(ベラルーシ)/ D・ネスター(カナダ) (2) ○-× R・リンドステッド(スウェーデン)/ H・テカウ(ルーマニア) (4), 4-6, 7-6 (7-1), 12-10

(翻訳/弓削忠則)

(2012年11月6日10時50分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!