- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

42歳クルム伊達、若手ロブソンに力及ばず◇チャイナ・オープン女子

女子テニスツアーのチャイナ・オープン女子(中国/北京、賞金総額482万8050ドル、ハード)は大会2日目の30日、シングルス1回戦12試合が行われ、主催者推薦で出場したクルム伊達公子(日本)が予選を勝ち上がったL・ロブソン(英国)に4-6, 4-6で敗れ、初戦敗退に終わった。

9月28日が誕生日だったクルム伊達は、42歳になって最初の試合となるロブソンとの1回戦に登場。

今シーズンは世界134位でスタートしたロブソンはウィンブルドン前哨戦のイーストボーン大会で予選を勝ち上がると2回戦進出を果たし同97位とトップ100入りに成功すると、7月のイタリアはパレルモ大会で自身初のベスト4、全米オープンでも初の4回戦進出と、先週発表された世界ランクで自己最高位の57位を記録する伸び盛りの選手。

また、ロブソンは今年のロンドンオリンピックでA・マレー(英国)とのミックスダブルスで銀メダルを獲得していた。

先週の広州大会で自身初の決勝進出を果たし、惜しくも敗れはしたものの準優勝を飾ったロブソンは、第1セットの自身のサービスゲーム54パーセントの確率でしかポイントが奪えずクルム伊達に2度のブレークを奪われてしまう。

しかし、クルム伊達もファーストサーブが35パーセントしか入らず、自身のサービスゲームでは45パーセントの確率でしたポイントが取れずに3度のブレークを許してしまい、そのセットを失ってしまう。

第2セットは両者サーブの調子を上げたものの、クルム伊達は1度ロブソンからブレークに成功したが、2度のブレークを許しゲームセット。1時間21分のストレートで敗退した。

両者は2010年の大阪でのHPオープンの1回戦で対戦したが、その時はクルム伊達が世界ランク56位で、ロブソンが同201位とランキングも大きく違い、クルム伊達はロブソンに6-3, 6-3で勝利していた。

また今大会のダブルスにはクルム伊達がA・コルネ(フランス)とのペアーでエントリーしており、2日以降に1回戦で第7シードのA・グローネフェルド(ドイツ)/ K・ペシュケ組と対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

C・ジョルジ(イタリア) ○-× S・エラーニ(イタリア) (6), 5-4, 途中棄権
N・リー(中国) (7) ○-× F・スキアボーネ(イタリア), 6-2, 6-3
M・バルトリ(フランス) (9) ○-× B・ヨバノフスキ(セルビア), 6-3, 6-3
L・ドミンゲス=リノ(スペイン) ○-× R・ビンチ(イタリア) (15), 6-7 (4-7), 7-6 (7-4), 6-2
L・ロブソン ○-× クルム伊達公子, 6-4, 6-4
鄭潔 vs. Lara Arruabarrena-Vecino
A・パブリュチェンコワ(ロシア) vs. P・エルコグ(スロベニア)
S・ポン(中国) ○-× Y・ウィックマイヤー(ベルギー), 7-5, 7-5
J・ヤンコビッチ(セルビア) ○-× A・ペトコビッチ(ドイツ), 6-2, 6-4
J・ジョルジュ ○-× V・キング(アメリカ), 6-7 (9-11), 7-5, 6-2
S・リシキ(ドイツ) vs. A・メディーナ=ガリゲス(スペイン)
S・アービッドソン(スウェーデン) vs. S・シルステア

今大会の優勝賞金は、シングルスが84万8000ドル、ダブルスが29万800ドル。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年10月1日11時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月14日

YouTube 成蹊高校テニス部を取材!後編 (21時04分)

ハレプ TOP10に返り咲き (20時10分)

マクラクラン組がCH優勝 (18時41分)

7月ラケット売上ランキング発表 (18時01分)

日比野 2大会連続の途中棄権 (16時21分)

西岡良仁、第1シードで出場 (15時32分)

3時間の激闘制しMS初決勝 (14時40分)

ナダル シンシナティ会場で練習 (12時53分)

快進撃止まらず初の決勝へ (11時47分)

ハレプ 4年ぶり3度目Vに王手 (10時40分)

マレーとワウリンカ 初戦で激突 (9時51分)

フルカチュ決勝へ、ルード撃破 (8時42分)

ダニエル太郎、予選決勝逃す (7時45分)

8月13日

土居 会場前ツーショット (22時22分)

ワウリンカ 会場で練習 (18時38分)

逆転で「WTA1000」初4強 (17時22分)

「これがライブスポーツ」 (16時32分)

カレノ=ブスタ MSで3度目4強 (15時50分)

ハレプ 18歳ガウフ破り4強 (15時01分)

オジェ「重要なのは前進」 (12時40分)

セリーナ 初戦は昨年の全米女王 (11時37分)

ダニエル、マレーと今季4戦目 (10時49分)

ルード 初の4強、オジェ撃破 (10時17分)

ナダルは第2シードで出場 (9時40分)

大坂なおみ 初戦は世界45位 (8時44分)

キリオス破り初4強「満足」 (8時01分)

ナダルがシンシナティ到着 (7時11分)

8月12日

8強キリオス「つらかった」 (21時34分)

負傷モンフィス「良くない」 (18時31分)

22歳オジェ「誇りに思う」 (17時20分)

モントリオール8強出揃う (15時00分)

2013年準Vモンフィス WC獲得 (13時38分)

プロも参加 失われた「テニスを楽しむ機会」を提供するイベント (11時55分)

モンフィス 右足負傷で途中棄権 (11時22分)

ブラジル人女性初の快挙「特別」 (10時28分)

止まらないキリオスが8強入り (8時45分)

快勝オジェ 前週リベンジで8強 (8時15分)

過去2度Vのハレプ 3年ぶり8強 (7時45分)

ガウフ8強 3時間超え激闘制す (7時15分)

ルード 激闘制し2年連続の8強 (6時01分)

8月11日

2019年女王、激闘制し16強 (23時35分)

西岡良仁、敗退も「相当いい」 (22時38分)

アルカラス「世界4位の重圧」 (21時41分)

波乱 一夜でトップ3シード敗退 (16時02分)

昨年大会Vのジョルジ 16強 (15時40分)

セリーナ「さよならトロント」 (15時01分)

シフィオンテク 完勝で初戦突破 (14時23分)

キリオス「方向性明確」メド撃破 (13時57分)

ナダルらウクライナ支援マッチへ (13時14分)

錦織 サンディエゴOP出場を発表 (11時39分)

西岡良仁 オジェに屈し16強逃す (11時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェ アリアシム (7時11分)

ナダル出場「明日現地へ」 (6時57分)

アルカラス 激闘の末に初戦敗退 (6時35分)

キリオス、メド撃破で16強 (5時58分)

チチパスとルード ビッグ4と共演 (0時21分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!