- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ストザーがセリーナ破りメジャー初制覇◇USオープン

テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会14日目の11日、センターコートで行われた女子シングルス決勝は、第9シードのS・ストザー(オーストラリア)が第28シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)を6-2, 6-3のストレートで退け、自身初となるグランドスラム優勝を成し遂げて幕を下した。

2度目のグランドスラム決勝で悲願のタイトルを獲得したストザーは「まだ言葉がありません。この大会に勝ったことが、まだ信じられないのです。あのコートに立ち、今日のようなプレーが出来たことが、信じられない感覚です。そういうプレーをしたいと望んでいたことが、実際に出来たことが信じられません。」と、喜びを語った。

試合開始から強力なグラウンドストロークで試合をコントロールしたストザーは、オーストラリア人女性としては1980年のE・グーラゴン=コーリー(オーストラリア)以来となるメジャーチャンピオンとなった。

これまでのキャリアを通し、ツアー決勝では2勝7敗という戦績であったストザーが今大会を制したことで、今年のグランドスラム女子シングルスでは、全仏オープンのN・リー(中国)、ウィンブルドンのP・クヴィトバ(チェコ共和国)に続き3大会連続でグランドスラム初優勝となった。

「彼女は本当に良いプレーをしていました。彼女はあれほど良いプレーをしたことがないと思います。」とセリーナ。「もしかしたらあるかも知れませんが、私は彼女があれほどのプレーをしたのを見たことがありません。」

今大会がキャリア通算3勝目となった27歳のストザーは、試合を通して堅実かつ積極的なプレーを展開、20本のウィナーを決めつつも凡ミスは12本しか犯さなかった。対するセリーナは、25本もの凡ミスを犯していた。

ストザーにとってキャリア最大の勝利となったこの試合、第2セット開始早々に会場がブーイングで包まれる一幕があった。

第1セットを落とし、第2セット第1ゲームからブレークピンチに直面したセリーナは、フォアハンドを強打するとポイントを確信して「カモン!」と叫び声を上げてしまうが、その声がストザーの返球を妨害したとしてポイントがストザーのものになり、ストザーのサービスブレークとなっていた。

怒りが冷めやらぬセリーナは、チェンジオーバーの間にも主審に抗議を続けていた。2年前の準決勝では、ラインパーソンに暴言を吐き1万ドル以上の罰金を科せられていたセリーナは、その後さらに8万2500ドルという史上最高額の罰金を科せられていたが、これには2011年までの執行猶予が設定されていた。

試合後の会見でこの件について聞かれたセリーナは「何を言ったかすら覚えていません。とても感情的になっていました。ユーチューブで確認するかも知れません。」とコメントしている。

マッチポイントでストザーがリターンエースを決めたあと、ストザーを抱擁して祝福したセリーナであったが、主審との握手は拒否していた。

また試合後の表彰式でセリーナは「ウィナーを決めましたが、カウントされませんでした。結局それは関係ありませんでした。サムが本当に良いプレーをしていました。」と、この日の敗戦を受け入れていた。

その一方、グランドスラム13勝を誇るセリーナに対し、この日がキャリア2度目のメジャー決勝の舞台だったストザーは「間違いなく勝ち目が薄いと思っていました。」と試合前の心境を明かしている。

1987年に30歳で優勝したM・ナブラチロワ(アメリカ)以来、最年長で今大会を制したストザーは、そのキャリアの前半はダブルスのスペシャリストとして活躍しており、グランドスラムのシングルスでは2009年の全仏オープンでベスト4に進出するまで、3回戦が最高成績だった。

2008年4月にライム病による9ヶ月の休養からツアー復帰を果たして以来、ストザーは劇的にプレーを向上させており、2年前には149位だった世界ランキングもこの月曜日には7位まで上昇する見込みとなっている。

「必ずしもセカンドチャンスが手に入るとは限らないことに気付かされました。」とストザー。「全てのチャンスを生かしたかったですし、今ではそれを実現することが出来ました。」

(2011年9月12日13時31分)

その他のニュース

2月29日

激闘制し30年前の父に並ぶ8強 (22時48分)

ナダル 練習で強烈フォア披露 (21時52分)

19歳フィス 完勝で今季3度目8強 (21時00分)

昨年Vデ ミノー8強 “天敵”と激突 (19時27分)

「マレーが今年引退すると思わない」 (18時30分)

【告知】デミノーvsチチパス (17時59分)

西岡「身体の状態あまり良くない」 (17時32分)

清水悠太 第1シード撃破で8強 (16時34分)

チチパス、ツアー70度目の8強 (14時54分)

ATP サウジ政府系ファンドと提携 (14時32分)

負傷に苦しむ元世界6位 半年ぶり復帰へ (13時16分)

幾多のピンチ乗り越え逆転勝ち (12時24分)

43分圧勝劇で父の記録に並ぶ コルダが8強へ (11時24分)

西岡良仁 世界50位に完敗で8強逃す (10時27分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsドレイパー (9時04分)

珍記録?9セット連続タイブレーク (9時00分)

メド逆転勝ち「緊張しすぎ」も8強 (8時09分)

元世界1位マレー 今夏での引退を示唆 (6時47分)

2月28日

島袋将 今季初CH8強ならず (21時51分)

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

【動画】チリOPのイレギュラーバウンド (0時00分)

【動画】相手のガッツポーズに激怒「黙ってろクソ野郎」 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!