シャラポワ、フェデラー、錦織圭などテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!
tennis365.net
HOME → ニュースTOP → 今日のニュース(一覧) → 今日のニュース(詳細)

→ニュース | news

全豪オープン2009特集

フェデラーがガウディオに完勝

ロジャー・フェデラー
大会3連覇まで後1勝に迫った王者フェデラー
画像提供:Getty/AFLO

(中国、上海)

マスターズカップ(賞金総額445万USドル、インドア)は土曜日準決勝が行われ、世界ランク1位で現在大会2連覇中のR・フェデラー(スイス)G・ガウディオ(アルゼンチン)に6-0, 6-0で完勝した。試合時間はわずか49分だった。

フェデラーは右足首の怪我のため、大会前に6週間の休養を余儀なくされていた。その右足首には依然として黒のサポーターが巻かれているが、予選で厳しい試合を3試合くぐり抜けたためか、今日の試合では、以前の調子を完全に取り戻しているように見えた。

フェデラーは全仏オープンの準決勝でR・ナダル(スペイン)に敗れて以来、現在35連勝中で、今季の対戦成績は81勝3敗。J・マッケンロー(アメリカ)が1984年に達成した年間勝率記録である9割6分5厘(82勝3敗)にあと1勝と近づいた。日曜日に行われる決勝で、対戦相手のD・ナルバンディアン(アルゼンチン)を下せば記録タイとなるが、速いコートの苦手なガウディオに比べ、決勝はタフな試合になるのは間違いない。

試合ではフェデラーは22本のストロークエースと6回のブレーク、そして5本のサービスエースを決め、大会35年の歴史上初の完勝試合となった。ガウディオのストロークエースはわずか3本、サービスエースは0だった。

試合後フェデラーは「安定して堅実なプレーを心がけたんだ。予選の3試合ではすべて第2セットを落としていたからね。」と語った。「今日は完璧な試合内容だった。明日の決勝に向けてかなりの自信になったことは確かだね。」

一方敗れた2004年の全仏オープン覇者ガウディオは「言い訳はしないよ。自分の苦手とするサーフェスで史上最強の選手と対戦しただけのこと。他に言うことはないね。」と肩を落とした。

準決勝のもう1試合では、D・ナルバンディアンがN・ダビデンコ(ロシア)に6-0, 7-5で勝ち、見事決勝に駒を進めた。

ナルバンディアンは試合後、「勝ててとても幸せな気持ちだよ。」と話した。「当初は今大会の出場枠から外れていたのだから、明日の決勝でプレーできるなんて夢のようさ。でも上海に来て再びこんなにいいプレーができているのは本当にうれしい。だからコートでプレーするのが楽しいし、明日の決勝も勝つことだけを考えるようにするよ。」

ナルバンディアンは予選でフェデラーと対戦し、惜しくもフルセットで敗れている。しかし残りの予選2試合では、G・コリア(アルゼンチン)I・リュビチッチ(クロアチア)をストレートセットで下している。

対戦相手のフェデラーは、2003年の7月13日にクシュタートの大会でJ・ノヴァーク(チェコ共和国)に敗れて以来、決勝に24回勝ち上がり、1度も負けていない。また今大会は現在2連覇中で、大会史上初の3連覇を目指す。またツアーで大会3連覇は、I・レンドル(アメリカ)が85年から87年にかけて達成して以来となる。

ナルバンディアンはこれまでフェデラーと9回対戦し、最初5連勝した後、4連敗している。



(2005年11月20日)

その他のニュース

10月18日

【速報中】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ページの先頭へ
→会社情報 →採用情報 →利用規約 →サイトマップ →個人情報保護に関して →アフィリエイトについて →訂正とお詫び →選手写真について →当サイトへのリンク
(c) 2004 - 2009 Fubic Corporation All rights reserved