大坂なおみ 最優秀新人賞受賞

tennis365.net
東レPPO時の大坂なおみ
画像提供:tennis365.net

女子プロテニス協会のWTAは21日、公式サイトにて世界ランク40位で19歳の大坂なおみ(日本)が今季のニューカマー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人賞)に選ばれたことを発表した。この賞を受賞したのは日本勢で初。

大坂は、今季出場したグランドスラム3大会(全豪オープン・全仏オープン・全米オープン)でシード選手を次々と破り、いずれも3回戦進出を果たす活躍を見せ、東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、プレミア)では自身初のWTAツアー準優勝を飾った。

世界ランキングでは、今シーズン開始の144位から40位まで上げ、現在は日本勢で土居美咲(日本)に次ぐ2番手に位置している。

ハイチ出身の父親と日本人の母親とのハーフで大阪市生まれ。180センチの身長を活かした最速200キロを超えるサービスと強烈なフォアハンドが武器。

今回、最優秀新人賞に選ばれたことに対して、大坂は自身の公式フェイスブックで「とうひょうしてくれてありがとうね!」と、日本語で感謝の気持ちを綴っていた。

過去、この賞にはS・ウィリアムズ(アメリカ)M・シャラポワ(ロシア)M・ヒンギス(スイス)A・ラドワンスカ(ポーランド)らトップ選手が選出されている。






■関連ニュース■ 

・大坂なおみ ブレークスルー選出
・大坂なおみ セリーナ抜き1位
・大坂なおみ 日本語は「ラップ」

(2016年10月22日10時47分)
その他のニュース
フェデラーカレンダー
全豪オープンタオル