国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆

錦織圭
初戦突破を果たした錦織
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は26日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク350位の錦織圭が予選勝者で同166位のG・ディアロ(カナダ)を7-5, 7-6 (7-3), 3-6, 1-6, 7-5のフルセットで破り、2021年以来3年ぶり11度目の初戦突破を果たすとともに、約2年9ヵ月ぶりとなった四大大会で白星を飾った。試合後の会見では現在のフィジカルコンディションについて明かした。

>>錦織 圭、西岡 良仁ら全仏OP組合せ<<

>>大坂 なおみ、日比野 菜緒ら全仏OP組合せ<<

34歳で元世界ランク4位の錦織は3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)以来 約2ヵ月ぶりの公式戦出場。今大会にはプロテクトランキング(負傷などによる長期離脱選手の救済措置)を使用してエントリー。全仏オープンに出場するのは2021年以来3年ぶり12度目。最高成績は2015年・2017年・2019年に記録したベスト8となっている。

身長203cmのディアロとは初顔合わせとなったこの日の第1セット、第4ゲームでダブルフォルトやミスショットからブレークポイントを与えた錦織は鋭いリターンを返球できずブレークを許すが、第9ゲーム、15-40とするとラリー戦を制してブレークバックに成功する。

第10ゲームでは2度のセットポイントとなるブレークポイントを握られるも粘りをみせキープすると第11ゲームで2度目のブレーク。サービング・フォー・ザ・セットとなった第12ゲームをキープした錦織はゲームカウント2-5から5ゲームを連取する追い上げを見せて先行する。

続く第2セット、第1ゲームでいきなりブレークチャンスを掴んだ錦織は強烈なフォアハンドウィナーを決めブレークに成功するも直後の第2ゲームでブレークバックを許す。終盤となる第11ゲームで錦織がブレークを果たすも再び直後のゲームでブレークバックを許しタイブレークにもつれ込む。先に2度のミニブレークに成功し4-0とリードすると、1度はミニブレークを返されるも6-3とセットポイントを握る。最後は錦織の強烈なショットをディアロが返球できず、セットカウント2-0と勝利に王手をかける。

そして第3セット、第6ゲームで先にブレークチャンスを握った錦織だが活かせず直後の第7ゲームではミスが目立ちラブゲームでブレークを許す。その後はブレークを返すことができず、逆に第9ゲームで2度目のブレークを奪われ、セットカウント2-1とされる。

第4セット、開始から互いにブレークポイントを握ると第4ゲーム、錦織はディアロの強烈なフォアハンドショットに苦しみブレークを許す。その後はブレークを返せず、わずか1ゲームしか取るこができずに2セットオールに追いつかれる。

第4セット終了後にメディカルタイムアウトを取った錦織は腰を治療。プレーを続けファイナルセットを戦うも第1ゲームでいきなりブレークを許す。それでも直後の第2ゲームでブレークバックのチャンスを掴むと強烈なフォアハンドウィナーを沈めすぐさまブレークを返すと、その後錦織は右肩を回すなど同箇所に違和感がある動きを繰り返すなかサービスゲームのキープを続ける。

ゲームカウント6-5で迎えた第12ゲームのリターンゲームで錦織は勝利を決定づけるブレークに成功。4時間22分の死闘を制し初戦突破を決めた。

試合後の会見で錦織は現在の体の状態、そして2回戦に向けた思いを語った。

「さすがに久しぶりで、5セットだったので体がreadyの状態ではなかったです。2セット目からけっこうきてたので『ヤバいな』とは思いつつ。4セット目とかは足がもつれたり、動いてくれなかったりもあったんですけど、5セット目、ちょっと治療してもらって良くなったんですけど、最後は気持ちで戦い抜いたかなと思います」

また、2回戦については「体はけっこうきていたので、明日明後日の様子見て決めようかなと思います」と現時点では棄権する可能性もあることを示唆した。

最後に錦織は「勝利もそうですけど、プレーがなんとなく戻ってきたのがうれしいですね。マイアミでは緊張もありながら久しぶりの試合で何もできず。感覚もあまりないから思いっきり打てないとかもあったんですけど。今日は悪いながらもそんなにミスする感覚もなかったです。それが1番良い結果でしたね、今日は」と締めくくり会見場をあとにした。

2回戦では第15シードのB・シェルトン(アメリカ)と世界ランク88位のH・ガストン(フランス)のどちらかと対戦する。

[PR]全仏オープンテニス 5/26(日)~6/9(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】2024最新ウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント
・綿貫 陽介が全仏OP欠場
・初戦でナダル回避「よかった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年5月27日9時21分)

その他のニュース

6月23日

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

6月22日

大坂なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場 (22時20分)

ダニエル太郎 初戦は元世界9位 (21時45分)

錦織圭 初戦は世界29位に決定 (20時58分)

大坂なおみ、キリオスと混合複出場 (17時30分)

芝で中国史上初の4強 (16時36分)

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

6月21日

世界4位ルバキナ 腹痛で途中棄権 (22時03分)

錦織圭 芝コートで調整開始 (21時11分)

複世界9位が五輪出場できず不満 (18時15分)

シナー 世界1位維持へ視界良好 (16時02分)

ジョコ 手術から2週間でコートへ (15時02分)

チチパス下し8強「最高の気分」 (13時25分)

世界1位のまま引退した28歳がプレーへ (12時20分)

新王者 また異次元ショット「非現実的」 (11時02分)

世界2位撃破「大変な試合だった」 (9時03分)

アルカラス 痛恨の2回戦敗退 (8時18分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアと再戦 (7時05分)

6月20日

加藤未唯ペア 相手棄権で4強 (22時05分)

ウィンブルドン女王が芝で転倒し棄権 (20時56分)

元世界8位 10か月ぶり実戦復帰へ (19時03分)

ジョコ パリ五輪出場権を獲得 (16時03分)

ズベレフ8強「より良いプレーを」 (15時09分)

シナー/フルカチュの豪華ペア 8強へ (13時30分)

接戦制しディミ撃破 コルダ8強 (11時58分)

「僕の夢」4年に一度の舞台立てず (10時52分)

エース9本と“不発”ラオニッチ敗退 (10時00分)

メド撃破 ジャンが熱戦制し8強 (8時19分)

マレー 背中負傷で途中棄権 (7時26分)

【動画】シナー 異次元のショット披露 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!