国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アルカラス敗北 伏兵に「驚き」

カルロス・アルカラス
(左から)マロジャンとアルカラス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は15日、シングルス3回戦が行われ、第2シードのC・アルカラス(スペイン)は予選から出場した世界ランク135位のF・マロジャン(ハンガリー)(ハンガリー)に3-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れ、ベスト16進出とはならなかった。試合後には驚異的なプレーを見せたマロジャンについて「とても驚かされた」とコメントしている。

>>ジョコビッチらBNLイタリア国際 組合せ・結果<<

>>シフィオンテクらBNLイタリア国際 組合せ・結果<<

ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)を制した20歳のアルカラスは今大会、初戦の2回戦でA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)をストレートで下して3回戦へ進出。一方のマロジャンは予選2試合に勝利し「ATPマスターズ1000」初の本戦入りを果たすと、1回戦でC・ムーテ(フランス)、2回戦でJ・レヘチカ(チェコ)をそれぞれフルセットで破り16強へ駒を進めた。

この試合、アルカラスは序盤から積極的なプレーを見せるマロジャンに苦戦。ドロップショットなどを駆使するマロジャンに対し押し込まれる展開が増えていく。第1セットでは、セカンドサービスに1ポイントもキープすることができず、1度ブレークを許しセットカウント0-1とする。

第2セット、第7ゲームで先にブレークされたアルカラスだが、直後の第8ゲームでこの試合初のブレークに成功。タイブレークでは4-1とリードし流れが傾きかけたに思われたが、そこから6ポイントを連取され1時間40分で力尽きた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには試合後のアルカラスのコメントが掲載されている。

「試合前はあまり彼(マロジャン)のことを見ていなかったんだ。彼はよくやっていたよ。ここに来る前も、彼は素晴らしいテニスをしていた。もちろん、彼にはとても驚かされたよ。つまり、彼のレベルは本当に、本当に高かった。すぐにでもトップ100に食い込むと思う。僕にとっては驚きだった」

「体力的には申し分なかったんだけど、ただ落ち着かなかった。彼は、僕をコート上で不快にさせた。つまり、彼は常にアグレッシブだったんだ。常にベースラインの内側でプレーしていた。試合やラリーの中に入っていくのが大変だった。普段はあまりしないようなミスをたくさんしてしまったんだ」

「テニスではこのようなことが起こりうるのは明らかで、それに対処しなければならない。第2セットではチャンスがあったけど、そのチャンスをものにできなかった。彼はずっと同じレベルにいたよ」

勝利したマロジャンは4回戦で第15シードのB・チョリッチ(クロアチア)と対戦する。チョリッチは3回戦で世界ランク51位のR・カルバレス バエナ(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのD・メドベージェフ、第6シードのA・ルブレフらがベスト16に駒を進めた。



■関連ニュース

・錦織、復帰は「もうちょっと」
・錦織 CH出場は5年4ヵ月ぶり
・全米決勝に登場した少年亡くなる

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年5月16日12時17分)

その他のニュース

6月17日

【速報中】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

【画像】本田尚也とナダルの2ショット写真 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!