国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダニエル太郎をATPが特集

ダニエル太郎
ダニエル太郎
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは12日、世界ランク103位のダニエル太郎のインタビューを掲載。好調の要因や昨年訪れた母親との別れについてについて語っている。

>>ダニエル太郎vsノリー 1ポイント速報<<

>>アルカラス、メドベージェフらBNPパリバOP組合せ<<

30歳のダニエルは2月末から開催されたアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)で予選2試合に勝利し本戦入りすると、1回戦でJ・J・ウルフ(アメリカ)を下し初戦突破。2回戦では世界ランク4位のC・ルード(ノルウェー)を破りベスト8進出を果たした。

そして今週はBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)でも予選を突破。1回戦で世界ランク79位のR・カルバレス バエナ(スペイン)、2回戦では第20シードのM・ベレッティーニ(イタリア)を7-6 (7-5), 0-6, 6-3のフルセットで撃破して3回戦進出を決めている。

ダニエルはその要因について「今週と先週で本当に大きかったのは、特にキャスパー(ルード)とマッテオ(ベレッティーニ)に対して、勝つための最大のチャンスを得るために自分が何をしたかがわかったこと。数年前、ここでジョコビッチを倒したときは、なぜ、どのように倒したのかよくわからなかった。ただ、彼があまり良いプレーをしていないように感じたから、何球かボールを返してチャンスをつかんだんだ。でも、意識的にはわからなかった。『ああ、どうしたんだろう』という感じだった」と明かした。

「今日(ベレッティーニ戦)も、先週も、ある瞬間に押し返すことができたし、テニス的にも精神的にも反撃することができたと思う。そういう部分は、間違いなく自分の中で1番大きな成長だと感じている」

そしてその成長の陰には昨年10月に亡くした母・泰江さんの存在が大きかったと話した。

泰江さんは約2年前から体調を崩していたが、最後の数カ月は「あっという間だった」とダニエルは話している。

「母は信じられないほど健康で、体力があり、強かったから、その姿を目の当たりにして、とても驚いた。11月いっぱいは、日本へ行くための準備のためにほとんど休んでいた。オーストラリアに行ってトーナメントをすることが信じられなかったんだ。ジムでワークしたりするのは楽しかったけど、自分がコートでプレーをしている姿を想像することができなかった」

「メルボルン(全豪オープン)が始まる直前には、テニスから離れようかと思ったほどだ。あの数カ月は、かなり大変だった。どうしたらいいのかわからなかったんだ」

全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では初戦を突破したものの、D・シャポバロフ(カナダ)に屈し2回戦で敗退。その後国別対抗戦のデビスカップ(日本/三木、室内ハード)では勝利をあげアメリカに戻った。しかし、そこで病気(インフルエンザ)になり数日間療養した。

「ダラスでは5日間もベッドで寝ていたけど、そんなことはここ数年なかった。前回インフルエンザにかかったときは、1日か2日寝込んだだけで、大丈夫だったんだ。でも、今回は本当に大変だった。ATP250のメインドローに出場することは何度も経験しているけど、このチャンスを逃したくなかった」

最後にダニエルは泰江さんのことについて話している。

「故人がテニスのことを見越しているのかどうかはわからない。彼らはテニスや何かをはるかに超えているのだと思う。でも間違いなく、その経験は僕の成長の大きな一因になった。もちろん、とても難しいことだったからね」

「実は父が最後に僕の大会を見に来たのは去年のここ(インディアンウェルズ)で、母もいたんだ。特に父にとっては、この1年は非常に厳しい年だった。家族全員にとってもだけど、特に父にとっては、母の面倒を見なければならないことが多く、とても大変だったんだ。でも、ここに来て、僕ら全員が一緒になってこの素晴らしい1週間を過ごすことができたのは、彼にとっても素晴らしいことだったと思うよ」

ダニエルはBNPパリバ・オープン3回戦で第10シードのC・ノリー(イギリス)と対戦することが決まっている。両者の一戦は日本時間13日の4時(現地12日の11時)に開始予定。




■関連ニュース

・錦織、復帰は「もうちょっと」
・錦織「足首に痛み」原因も分からず
・ナダル 18年ぶりトップ10陥落へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年3月12日15時43分)

その他のニュース

3月23日

ダニエル太郎 相手棄権で初戦突破 (0時43分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsリンデルクネシュ (0時05分)

3月22日

全国選抜、男子団体16強揃う (22時51分)

全国選抜、女子団体16強揃う (22時47分)

坂詰姫野が初戦突破 次戦土居 (22時03分)

札幌でW15を3週連続開催 (19時05分)

大坂なおみ マタニティフォト公開 (18時11分)

チチパス 肩の負傷に言及 (17時01分)

今季最長タイ 3時間40分の熱戦制す (15時51分)

高校選抜団体戦 2日目が開催中 (15時17分)

西岡 WBC観戦「チャンピオン」 (14時24分)

連覇狙うアルカラス「重圧ない」 (13時13分)

日比野菜緒 マイアミ初戦突破 (12時01分)

選抜団体戦 2日目がスタート (10時47分)

西岡らバルセロナOP出場一覧 (8時38分)

綿貫陽介 マイアミOP本戦へ (7時21分)

3月21日

選抜男子団体戦、初日が終了 (22時55分)

選抜女子団体戦、初日が終了 (22時35分)

土居美咲 2大会連続初戦突破 (21時47分)

全米女王がマイアミ初戦で激突 (18時26分)

望月チャレンジャー初戦敗退 (17時18分)

ダニエル WBC観戦「最高」 (16時29分)

内田海智 マイアミ予選敗退 (15時43分)

高校選抜、団体1回戦が開催中 (15時04分)

最終戦ランク、アルカラス3位へ (13時02分)

ダニエル太郎 WBCを現地観戦 (11時52分)

フェデラーが歓迎「ようこそ」 (11時25分)

全国選抜高校テニス 団体戦が開始 (10時41分)

日比野菜緒 マイアミ本戦入り (9時29分)

綿貫陽介 マイアミ予選決勝へ (8時49分)

ジョコ、マイアミ欠場が正式決定 (8時18分)

西岡 マイアミは第28シードに (7時56分)

3月20日

第45回 全国選抜高校テニスが開幕 (22時50分)

内島125位、坂詰キャリアハイ更新 (21時50分)

ダニエル太郎 6つ上げて97位に (20時12分)

綿貫、内田がマイアミ予選出場 (17時54分)

メド準Vも「ポジティブ」 (14時07分)

ルバキナ「素晴らしい気分」 (13時40分)

17歳 石井さやかプロ転向を発表 (12時45分)

ナダル 18年ぶりトップ10陥落 (11時59分)

アルカラスV「大きな意味」 (10時54分)

日比野菜緒 マイアミ予選決勝へ (9時56分)

アルカラス、メド撃破で大会初V (9時25分)

【1ポイント速報】アルカラスvsメドベージェフ (8時10分)

マイアミOP 女子組合せ決定 (8時07分)

ルバキナ、サバレンカ下し今季初V (7時21分)

【1ポイント速報】ルバキナvsサバレンカ (5時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!