国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

凱旋帰国の小田凱人が会見

小田凱人
小田凱人
画像提供: tennis365.net
6日に行われた車いすテニスの最終戦NEC車いすシングルスマスターズ(オランダ/オス、室内ハード)決勝で、世界ランク1位のA・ヒューエット(イギリス)を6-4, 6-3のストレートで破り、大会史上最年少での優勝を果たした16歳の小田凱人が8日夜に日本へ帰国。羽田空港近くで会見を開き、優勝の感想を語った。

小田は今年6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会初出場。準決勝で国枝慎吾に敗れたもののベスト4進出を果たした。その後10月の楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード)では決勝で再び国枝と対戦。3-6, 6-2, 6-7 (3-7)の接戦を落とし敗北したが、多くの観客のなか「夢の試合でした」と思いを語っていた。

シーズン最終戦となったNEC車いすシングルスマスターズは年間上位8選手が出場できる大会で、日本からは小田、国枝、三木拓也の3名が出場。小田と国枝が予選ラウンドロビンを勝ち抜き4強へ駒を進めたものの、国枝は負傷のため準決勝を棄権しヒューエットが決勝へ。一方、小田はJ・ヘラルド(ベルギー)をフルセットで破り、決勝へ進出した。

予選ラウンドロビンで小田はヒューエットにストレート負けを喫していたが、決勝ではバックハンドのクロスショットを中心にウィナーを取り、リベンジを果たして優勝。また、16歳での優勝はヒューエットが持っていた19歳の最終戦最年少優勝記録を破り、大幅な更新となった。さらに、日本人男子で同大会のタイトルを獲得するのは2012年から2014年にかけて3連覇を達成している国枝以来の快挙となる。

凱旋会見に臨んだ小田はまず「初のシングルスマスターズで、さらに今年最終戦でもありました。そこで優勝して今年を良いかたちで終わらせたというのは僕自身気合も入ってましたし、『ここは絶対勝って終わりたい』と思っていた大会でもあったので、本当にそれを実現できてうれしく思っておりますし、皆様のサポートでこの結果が出せました。本当にありがとうございます」とコメント。

「今日(日本に)帰ってきてようやく実感が湧いてきました。それまでは、終わった直後なんかは本当に信じられなかったですし、夢でもあって、実際に夢の中にいるような感覚でした。ようやく試合が終わって一夜明けて実感が湧いてきて、それと同時に自分のSNSだったり色んなとこでの反響を感じて、そこから自分が成し遂げられたことの大きさをすごく今は強く感じています」

また、ヒューエットには過去4戦全敗だった小田。予選ラウンドロビンでも敗れていたが、その敗戦が決勝での初勝利につながったと明かした。

「決勝戦にいくまで本当に1セットも取れずに負けていた戦績だったんですが、決勝戦はストレートで勝つことができましたし、自分のテニスの調子も良かったです。何よりラウンドロビンで対戦出来たっていうのは本当にすごいプラスに働いてくれていたなと。そこで負けたからこそで、同じ週に2度対戦できたのは大きく、情報を入れられました。2試合続けてできるのはなかなかないことなので、そこが1番勝利に大きく貢献してくれたなと思います」

16歳での最年少記録に関しては「ここで優勝すれば最年少記録というのは僕も知っていましたし、会見などでも口にしていました。大幅に更新できるのは分かっていたのでそれは僕自身それはうれしかったですし、全選手が達成できる記録ではないので、そういうところでも改めて恵まれているなと感じました。だからこそ自分自身しかできないことをやって、より多く最年少のタイトルをもっともっと取りたいなと思っています」と今後も記録を更新し続けていく姿勢も見せた。

そして小田が世界ランク1位のヒューエットを下したことで同2位だった国枝が1位に返り咲くことが決定。そのことについては「僕が勝ったことで国枝さんが1位に返り咲いたのでそこは褒めてもらえました」と笑顔で口にした。




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 復帰は「先が見えない」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年11月9日14時42分)

その他のニュース

4月16日

【速報中】西岡良仁vsムナル (20時00分)

ダニエル太郎 ストレート勝ちで2回戦へ (19時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsオコネル (19時25分)

驚異のバウンド 相手頭上超えるエース (19時23分)

ポール回し成功!相手呆然 (18時07分)

大坂のクレー&芝参戦「GS優勝目指す表れ」 (17時30分)

大きく腫れ上がった足首公開 (17時13分)

世界1位在位99週、歴代単独9位に (16時31分)

勝利目前で負傷、先月ジョコ撃破20歳 (16時04分)

「引退は退屈だった」復帰表明 (15時00分)

ドミニカ出身の23歳がツアー初白星「特別」 (14時31分)

島袋将、快勝で光州CH初戦突破 (12時33分)

【1ポイント速報】島袋将 CH1回戦 (11時02分)

負傷続くアルカラス「できる限りのことを」 (9時01分)

ナダル「最後の年として、1秒1秒を楽しみたい」 (7時32分)

4月15日

シャラポワ「記憶に残る試合は敗戦」 (18時58分)

チチパスVで世界6位以下が混戦に (18時01分)

37歳ガスケがツアー1000試合目へ (17時05分)

マッケンロー以来 34年ぶり快挙 (16時02分)

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【動画】ポール回し成功!スーパープレーに拍手喝采 (0時00分)

【動画&画像】カゾーが負傷した実際のシーンとカゾーの腫れ上がった足首 (0時00分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!