国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

コールシュライバー引退「満足」

フィリップ・コールシュライバー
フィリップ・コールシュライバー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは7日、現在開催中のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)をもって現役引退を発表した元世界ランク16位のP・コールシュライバー(ドイツ)のコメントを掲載した。

>>ジョコビッチvsノリー 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

38歳のコールシュライバーは今年のウィンブルドンに予選から出場。同大会の予選を戦うのはキャリアで初めてのこととなった。予選1回戦でG・バレール(フランス)(フランス)をストレートで下したあとのオンコートインタビューで、コールシュライバーは突然、今大会をもって現役を引退する意向を表明した。

「ここ(予選会場)でプレーするのは初めてなんだ。ここまで最高で素晴らしいテニス人生だった。これが最後の大会になる。ウィンブルドン2022のあとに引退する。だから、まだ試合ができることはうれしく思っているよ。もしかしたら本戦に上がれるかもしれないしね」

その後、予選2回戦でM・ククシュキン(カザフスタン)に敗北。その時点で現役引退となった。コールシュライバーは予選1回戦のあとに引退宣言を行ったことについて回顧している。

「面白いことに、発表するつもりはなかったんだ。『次はどうするの? 』と聞かれたとき、僕はただ『次はない、最後の大会になる』と言った。ウィンブルドンに行って言うつもりはなかったんだ。ただその日『よし、その時が来た』と感じただけなんだよ」

「僕のことを知っている人は、大きな舞台でお別れを言うのがあまり好きではないことをわかっていると思う。僕はどちらかというと、自分の中に閉じこもっていたい人間なんだ。ハンブルク(地元)の友人や家族、そしてファンが応援してくれている中でフィニッシュするのはもっと大変なことになってしまう。応援してくれる人たちがいて、自分のボックスを見て、奥さんや友人を見ることができたらそれはまた別の次元の話になっちゃう。だから、僕にとってはいい決断だったと思っているよ」

コールシュライバーはツアーでのマッチ勝利数で478を記録し、シングルスで8つのタイトルを獲得。2006年3月から2021年2月までの間、世界ランクトップ100をキープしていたが、ウィンブルドン予選に出場したときは世界ランク230位だった。

「もちろん、長くできた要因は健康だよ。幸運なことに1度も手術したことがない。とても安定した仕事ができていたと思う。あと、僕はテニスに適した体型をしているんだ(178cm、70kg)。体が大きすぎず、軽量級のプレーヤーで、ある意味とても恵まれていると言えるだろう。だから、あれだけ長くいられたのだと思うよ」

「ラファ(ナダル)やロジャー(フェデラー)、ノヴァーク(ジョコビッチ)、マレーといったビッグネームと、おそらくこれまでで最もテニス競争の激しい時代にプレーしてきた。その時代にプレーできたことはとても幸運だった。もし、この4人がいなかったらもう少し何か達成できたかもしれない。でも、彼らと一緒にプレーできたことはとても光栄なことだったんだ」

最後には現役を離れた現在の心境を語っている。

「今はもう大丈夫だけど、数日間は非常に感情的だった。多くの人が僕に手紙を書き、昔の話や思い出を持ち出してくれた。でも、現役についてはもう潮時だと思ったし、プロとして生きていくための最後のモチベーションみたいなものはそこになかったから、この決断について悲しくはなかった。ただ人生の一部分が終わってしまうということだけだよ。テニスがもたらすすべての旅、すべての生活は、最後はそれほど楽しいものではなかったかもしれない。僕は今年39歳になるけど、とても長いキャリアだったと言えるし、すべてにとても満足している」

「しっかりと、素晴らしい時間を過ごしたと言える。やりすぎはしなかった。満面の笑みで去っていくよ」

[PR]ウィンブルドンテニス
第12日 男子シングルス準決勝 4連覇へジョコビッチが地元ノリーと対戦
6/27(月)~7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・コロナに「過度な心配はない」
・ナダル「WB優勝よりも大切」
・「僕たちは全く異なる性格」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年7月8日14時58分)

その他のニュース

4月17日

錦織圭ら全仏OP出場予定選手一覧 (0時55分)

大坂なおみら全仏OP出場予定選手 (0時42分)

4月16日

シュワルツマン 今季初白星挙げれず (22時05分)

西岡良仁 バルセロナOP初戦敗退 (21時33分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsムナル (20時00分)

ダニエル太郎 ストレート勝ちで2回戦へ (19時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsオコネル (19時25分)

驚異のバウンド 相手頭上超えるエース (19時23分)

ポール回し成功!相手呆然 (18時07分)

大坂のクレー&芝参戦「GS優勝目指す表れ」 (17時30分)

大きく腫れ上がった足首公開 (17時13分)

世界1位在位99週、歴代単独9位に (16時31分)

勝利目前で負傷、先月ジョコ撃破20歳 (16時04分)

「引退は退屈だった」復帰表明 (15時00分)

ドミニカ出身の23歳がツアー初白星「特別」 (14時31分)

島袋将、快勝で光州CH初戦突破 (12時33分)

【1ポイント速報】島袋将 CH1回戦 (11時02分)

負傷続くアルカラス「できる限りのことを」 (9時01分)

ナダル「最後の年として、1秒1秒を楽しみたい」 (7時32分)

4月15日

シャラポワ「記憶に残る試合は敗戦」 (18時58分)

チチパスVで世界6位以下が混戦に (18時01分)

37歳ガスケがツアー1000試合目へ (17時05分)

マッケンロー以来 34年ぶり快挙 (16時02分)

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【動画】ポール回し成功!スーパープレーに拍手喝采 (0時00分)

【動画&画像】カゾーが負傷した実際のシーンとカゾーの腫れ上がった足首 (0時00分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!