国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「年齢は単なる数字」

ノヴァーク・ジョコビッチ
ノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのセルビア・オープン(セルビア/ベオグラード、クレー、ATP250)は21日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第7シードのM・キツマノビッチ(セルビア)を4-6, 6-3, 6-3の逆転で破り、2年連続のベスト4進出を果たした。試合後には「僕にとって、年齢は単なる数字に過ぎない。35歳より若いと心から思っている」と述べた。

>>ジョコビッチvsハチャノフ 1ポイント速報<<

>>ダニエル 太郎vsルブレフ 1ポイント速報<<

35歳のジョコビッチは前日に行われた2回戦で、世界ランク50位のL・ジェレ(セルビア)を2-6, 7-6 (8-6), 7-6 (7-4)の逆転で破り、2ヶ月ぶりの白星をあげて準々決勝に進出した。ジョコビッチとキツマノビッチは2度目の顔合わせで、昨年の同大会でも準々決勝で対戦し、ジョコビッチがストレートで勝利している。

第1セット、今年3大会目の王者ジョコビッチは第1ゲームこそ危なげなくキープするも、第3ゲームでは2本連続ダブルフォルトを犯すなどミスが目立ち、先にブレークを許す。キツマノビッチがこのリードを守り、第1セットを先取する。

第2セットに入ってもリズムを掴みきれないジョコビッチは、第2ゲームでブレークポイントを掴むも決めきれず、再び第3ゲームでブレークを許す。キツマノビッチが一気に攻勢をかけるかと思われたが、直後の第4ゲームでジョコビッチがブレークバックに成功する。観客の声援を後押しを受けるジョコビッチはさらに第8ゲームでブレークを奪うと、第9ゲームをキープして1セットオールとする。

ファイナルセット、互いにサービスキープが続くと徐々にプレーの安定感が増すジョコビッチが第6ゲームをラブゲームでキープすると、第7ゲームをラブゲームでブレークし、先行。勢いに乗るジョコビッチは第9ゲームをブレークし、2時間18分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにジョコビッチのコメントを掲載。次のように語った。

「キャリアのどの段階でも、特に20年間ツアーでプレーしていると、精神的なアプローチの仕方に違いが出てくるものなんだ。この10年で僕の人生は大きく変わり、体も変化した。だから、その変化に適応し理解し、そして、これまでの経験を活かして物事を把握しなければならない。僕は常にチームと戦略を練り、組織化し、計画を立てることで、適切な時期にピークを迎え、若い選手たちと競い合うことができるんだ」

「人々は10年、15年とそのレベルにある僕を見慣れている。だから、彼らは常に僕が試合の99パーセントに勝つことを期待しているんだ。しかし、明らかにそれは不可能だ。負けることも調子が悪いことも、調子を取り戻すのに時間がかかることも、受け入れなくてはならない」

「目に見える結果やコート上のパフォーマンスに影響を与える要因は、実にさまざまだ。しかし、規律は常に存在する必要がある。でも、僕は規律の前に献身性が必要だと思う。もし、献身的でないなら、必要な規律を身につけることはできないだろうね」

ジョコビッチは2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)でベスト8、先週まで開催されていたロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)では2回戦敗退に終わっており、今季初めて4強入りを果たした。

「僕はプレーすることを選択する。誰も強要はしていない。今までのキャリアの中で、今日やめてもいいくらいのことをやってきた。でも、まだやる気もあるし、刺激も受けている。もちろん、ここセルビアは僕にとって特別だし、それが僕のエネルギーになるんだ。ここにいるのも、試合をするのも大好きだよ」

「変な言い方だけど、ビッグマッチで負けて打ちひしがれるのも好きなんだ。なぜなら、それは僕が勝つこと、そして世界のベストプレーヤーと競い合うことにこだわるということだと自覚できるからね」

同大会で11年ぶりの優勝を狙うジョコビッチは、準決勝で第3シードのK・ハチャノフと対戦する。ハチャノフは3回戦で予選通過者で世界ランク110位のT・モンテイロ(ブラジル)を7-5, 6-4のストレートで破っての勝ち上がり。

同日には第2シードのA・ルブレフ、第6シードのF・フォニーニ(イタリア)と世界ランク67位のO・オッテ(ドイツ)、世界ランク104位のダニエル太郎が8強に駒を進めている。




■関連ニュース

・ジョコ4強「何とか勝てた」
・ジョコ「彼らは真のヒーロー」
・ダニエル太郎 ジョコ撃破で驚き

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年4月22日15時53分)

その他のニュース

8月11日

2019年女王、激闘制し16強 (23時35分)

西岡良仁、敗退も「相当いい」 (22時38分)

アルカラス「世界4位の重圧」 (21時41分)

波乱 一夜でトップ3シード敗退 (16時02分)

昨年大会Vのジョルジ 16強 (15時40分)

セリーナ「さよならトロント」 (15時01分)

シフィオンテク 完勝で初戦突破 (14時23分)

キリオス「方向性明確」メド撃破 (13時57分)

ナダルらウクライナ支援マッチへ (13時14分)

錦織 サンディエゴOP出場を発表 (11時39分)

西岡良仁 オジェに屈し16強逃す (11時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェ アリアシム (7時11分)

ナダル出場「明日現地へ」 (6時57分)

アルカラス 激闘の末に初戦敗退 (6時35分)

キリオス、メド撃破で16強 (5時58分)

チチパスとルード ビッグ4と共演 (0時21分)

8月10日

WB優勝ペア撃破で初戦突破 (23時04分)

モンフィス 3カ月ぶり白星 (20時35分)

フリッツ、マレー撃破「光栄」 (18時15分)

女子国別対抗戦が有明で開催 (17時30分)

西岡「めっちゃアウェイ」 (14時31分)

ジョルジ 全米女王破り2回戦へ (12時52分)

キリオス 2回戦でメドと対戦 (11時40分)

「セリーナを見て育った」 (10時42分)

セリーナ「さよならが苦手」 (9時58分)

前週準Vの西岡、初戦突破 (9時05分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsペール (7時45分)

大坂「開始直後に痛めた」 (7時42分)

18歳ガウフ 完勝で初戦突破 (7時22分)

ベレッティーニ 完敗で初戦敗退 (6時47分)

大坂なおみ 腰負傷で途中棄権 (6時13分)

【1ポイント速報】大坂vsカネピ (4時55分)

8月9日

元女王セリーナが引退示唆 (23時58分)

元世界3位 MP6本目で勝利 (20時07分)

パリ五輪 全仏OP会場で開催 (18時42分)

西岡良仁「素晴らしい1週間」 (17時03分)

ハチャノフ 単200勝達成 (15時42分)

フェルナンデス 2カ月ぶり白星 (15時18分)

ハレプ完勝「自信に繋がった」 (14時23分)

フェデラー41歳「歳とったなぁ」 (12時29分)

前週Vメド5位へ 最終戦ランク (9時14分)

ワウリンカ撃破「夢が叶った」 (8時27分)

セリーナ 14カ月ぶり白星 (7時28分)

8月8日

通算5勝目「素敵な数字」 (22時10分)

大坂なおみ 39位に浮上 (20時28分)

錦織297位、西岡54位に (19時42分)

西岡「もっと試合をしたい」 (18時35分)

前週準V西岡、初戦はペール (15時25分)

ズベレフ、ギプス外して練習 (14時59分)

錦織圭着用ウエアが新発売 (12時31分)

東レ チケット一般発売を開始 (12時02分)

キリオス、シティOP単複制覇 (11時24分)

元女王 カナダ入国不可で欠場 (10時57分)

青山/チャン組、今季初Vならず (10時18分)

キリオス 7勝目「感慨深い」 (9時13分)

ダニエル太郎、本戦出場ならず (8時33分)

キリオス 西岡撃破で3年ぶりV (8時10分)

西岡良仁 4年ぶりVならず (7時32分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsキリオス (6時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!