国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織と対戦へ「良い感じ」

フェリックス・オジェ アリアシム
全豪オープンでのオジェアリアシム
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは2月28日、ABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)に第7シードとして出場し、1回戦で世界ランク45位の錦織圭と対戦するF・オジェ アリアシム(カナダ)のコメントを掲載した。

>>錦織vsオジェ アリアシム 1ポイント速報<<

>>錦織らロッテルダム対戦表<<

両者は2度目の顔合わせで錦織の1勝。唯一の対戦は2019年のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)3回戦で、そのときは錦織がストレートでオジェ アリアシムに勝利している。

これまでツアー7度目の決勝進出経験を持ちながら1度も優勝したことがない20歳のオジェ アリアシム。今季は2月のマレー・リバー・オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、ATP250)で決勝に駒を進めたものの、D・エヴァンス(イギリス)に敗れた。

その後の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ではD・シャポバロフ(カナダ)らを破り、4回戦進出を果たした。

オジェ アリアシムは「良い感じでいる。素晴らしいシーズンのスタートだった。完璧とかではないけど、願っていたことや目標として練習してきたことや、自分自身に期待することに本当に近かった」と手応えを語った。

「次に戦う決勝戦は良い試合をしなければならないね。正直、あまり心配はしていない。この年齢で既に7回決勝へ進出しているのはそれ自体すごいこと。自分の将来へ向けても最高のことだ。まだこれから先プレーして行きたい自分のテニスを築き上げているところだし、メインの目標はいつかグランドスラムで良いプレーをして決勝へ進みタイトルを獲得すること。そうなる道すがらで幾つか他の大会の決勝戦で勝ったり負けたりするだろう。これが自分の物語だし、それで良い」

ABNアムロ世界テニス・トーナメントについては「自分にとってここは良い雰囲気のところ。去年も良い成績だったし、最高のテニスができた。去年の会場やファンの雰囲気も大好きだった。不運なことに今年はちょっと違う状況だけど、それでもかつて良いプレーができた場所へ戻って来るのはうれしいこと。選手としてそう感じられるのは常に良いことで、ツアーでもお気に入りの場所はあって、ロッテルダムは自分のお気に入りの1つ」と明かした。

オジェ アリアシムは昨年の同大会でJ・シュトルフ(ドイツ)G・ディミトロフ(ブルガリア)P・カレノ=ブスタ(スペイン)らを下し決勝に進出。G・モンフィス(フランス)に敗れたが準優勝を果たしている。

「良い方向へ進んでいる。物事は上手くいっているし、シーズンを良いスタートが切れて、去年良いプレーができた場所であるロッテルダムに今こうしている。好成績を上げられるチャンスがあると感じているし、自分のテニスにも好感触を持っている」

今大会の第1シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第2シードはS・チチパス(ギリシャ)、第3シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードはA・ルブレフ(ロシア)、第5シードはR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第6シードはD・ゴファン(ベルギー)、第8シードはS・ワウリンカ(スイス)

[PR]男子テニスATPツアー500 ロッテルダム
3/1(月)~3/7(日)
WOWOWオンデマンドで配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に「きつい状況」と理解

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2021年3月1日15時37分)

その他のニュース

4月12日

Vカレノ=ブスタ 通算200勝達成 (19時42分)

19歳新星が初V「夢だった」 (17時51分)

優勝のソネゴ 自己最高位へ (17時04分)

ジョコ、クレーは「調整必要」 (16時20分)

大坂なおみ 変わらず世界2位 (15時36分)

ナダル 復帰へ「自信ある」 (15時26分)

錦織圭、松山英樹を祝福 (12時09分)

クデルメトバ 失セット0で優勝 (10時41分)

3時間の激闘制したソネゴV (8時52分)

カレノ=ブスタV「光栄」 (7時35分)

錦織は世界ランク39位 (7時17分)

4月11日

盛田正明杯は橋本総業が優勝 (18時55分)

土居と日比野が1回戦で激突 (16時31分)

19歳がキャリア初の決勝進出 (15時37分)

激闘制しキャリア5勝目王手 (14時31分)

女王撃破も決勝進出ならず (12時54分)

複でV、単では熱戦制し決勝へ (11時31分)

元世界5位がバルセロナ出場へ (10時30分)

17歳新星 ツアー初の決勝逃す (10時13分)

4月10日

熱戦連続、盛田正明杯が開幕 (20時14分)

YouTube ラケット選びの極意Part2 (18時40分)

スペイン勢が準決勝を独占 (18時37分)

世界1位破る金星で4強入り (16時46分)

惜敗で兄弟の複決勝は叶わず (15時43分)

女王バーティ 敗退で4強ならず (13時33分)

約3時間の激闘制し4強入り (12時32分)

19歳ムセッティ 4強入りならず (11時00分)

ナダルら モンテカルロ組み合わせ (9時47分)

17歳アルカラス、ツアー初4強 (7時51分)

4月9日

快勝で伊大会4強に1番乗り (20時00分)

ナダルのライバル5選手を紹介 (19時15分)

シード撃破で今季初8強へ (17時44分)

19歳新星 勝利後ラケット投げる (17時22分)

テニス 盛田正明杯が明日開幕 (16時27分)

フォニーニ 完敗で初戦敗退 (14時23分)

ムグルサ 棄権で8強ならず (13時42分)

クヴィトバ 世界91位に敗れる (12時46分)

ベレッティーニ兄弟が4強入り (12時37分)

ナダル叔父がオジェ陣営に (11時36分)

世界1位バーティ 苦戦も8強 (11時02分)

19歳新星 4本のMPしのぎ8強へ (10時42分)

17歳の望月慎太郎 快勝でITF8強 (9時02分)

22歳差対決制しツアー初の8強へ (8時19分)

奈良くるみ 完敗で8強ならず (8時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!