国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ルブレフ 躍進きっかけのV特集

アンドレイ・ルブレフ
2017年のルブレフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは25日、世界ランク14位のA・ルブレフ(ロシア)の活躍のきっかけとなった大会を特集した。

【YouTube】これぞプロの超高速フォアハンド! 【テニス 関口 周一】と対決

>>YouTube テニス365チャンネル<<

22歳のルブレフはキャリア通算4度のタイトルを獲得。今シーズンはカタール・エクソン・モービル・オープン(カタール/ドーハ、ハード、ATP250)とアデレード国際(オーストラリア/アデレード、ハード、 ATP250)の2大会でトロフィーを掲げており、現在は自己最高となる世界ランク14位を記録している。

ATPは今回、ルブレフが躍進を遂げた2017年7月のクロアチア・ウマグ・オープン(クロアチア/ウマグ、レッドクレー、ATP250) に注目。同大会、19歳のルブレフは予選から出場したものの、予選決勝で敗れていた。しかし、本戦出場予定だったB・チョリッチ(クロアチア)が欠場を発表。ラッキールーザーとして本戦入りを果たした。

その後ルブレフは準々決勝でF・フォニーニ(イタリア)をフルセットで下すと、準決勝ではI・ドディグ(クロアチア)、決勝ではP・ロレンジ(イタリア)をストレートで破り、ツアー初優勝を飾った。

優勝後の記者会見でルブレフは「今、ここに来れてうれしい。言葉では説明できないよ。特にタフな1週間だった。予選で負けたのは実際僕にとっては良くなかった。けど、優勝できて帳消しになったね。勝つ日もあれば負ける日もある。僕にとって大事なのは毎日ベストを尽くすことだ」と話した。

「目標はない。ただベストを尽くして、改善すべきところを改善していくだけだ」

当時世界ランク74位だったルブレフはその後3年間で14位にまで浮上。今シーズンは開幕から11連勝を飾るなど、15勝3敗と好成績を残している。

男子テニスツアーは新型コロナウイルスの影響で7月31日までの中止が決定。再開は8月22日開幕のW&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、ATP1000)となっている。

[PR]「テニスツアー再開!全米OP開幕!優勝で振り返る錦織圭大坂なおみ、これまでの偉業」
テニスツアー再開と全米オープン開催決定を記念し、錦織圭・大坂なおみが残した数々の優勝シーンをプレーバック!日本が誇る2人のすごさをあらためて見つめ直す特別番組をWOWOWで無料放送。

【放送日】
8/2(日)午後5:00 ※無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ルブレフ 誕生日に地元でV
・錦織らの“最悪”なドロップ掲載
・今季好調ルブレフを特集

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年7月26日17時05分)

その他のニュース

3月7日

約16年ぶりに新世界2位が誕生 (17時29分)

クヴィトバV キャリア28勝目 (16時46分)

完勝で決勝へ、地元初Vへ王手 (15時04分)

ダニエル 決勝ならず「残念」 (12時47分)

世界137位 ツアー初の決勝へ (12時46分)

フェデラー 2年ぶりに6位後退 (12時17分)

ルブレフ、キャリア8勝目王手 (10時39分)

フェデラー 第2シードで復帰 (10時01分)

3月6日

錦織 初戦は世界93位に決定 (20時34分)

デ杯 日本がパキスタンに勝利 (16時25分)

錦織撃破、準決勝は世界59位 (15時38分)

クヴィトバ 28勝目に王手 (15時37分)

地元V向けシュワルツマン4強 (15時37分)

錦織 2年ぶりの4強ならず (9時40分)

チチパス4強へ 激闘制す (9時26分)

【1ポイント速報】錦織svチョリッチ (4時32分)

フェデラー 出発「1年ぶり」 (3時58分)

3月5日

HEAD GRAVITY 2021シリーズ 発売開始 (18時47分)

内田海智も勝利、日本2勝 (18時26分)

デ杯 綿貫陽介が快勝で先行 (16時23分)

引退ウィリス「正しい決断」 (15時41分)

錦織、準々決勝はチョリッチ (6時37分)

3月4日

ゴファン撃破 シードが続々敗退 (22時09分)

元女王クレイステルス WC獲得 (20時53分)

ラコステのラケットなどが発売 (18時44分)

綿貫、内田、望月がデ杯に登場 (18時16分)

錦織の変化「まだ途中」 (17時57分)

ナガル快進撃 ツアー初8強へ (17時48分)

昨年覇者との激闘制し8強 (17時30分)

マレー語る「ロジャーも同じ」 (16時54分)

土居美咲 完敗で8強ならず (14時05分)

錦織 激闘制し8強「幸せ」 (1時54分)

錦織 1年8カ月ぶりツアー8強 (1時02分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!