- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

17歳の新星、全仏OP16強へ

アマンダ・アニシモワ
ベスト16進出を果たしたアニシモワ
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は1日、女子シングルス3回戦が行われ、世界ランク51位のA・アニシモワ(アメリカ)が同116位のI・C・ベグ(ルーマニア)を7-6 (8-6), 6-4のストレートで破り、大会初のベスト16進出を果たした。

>>錦織vsペール 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に続きグランドスラム2大会連続の16強入りを決めた17歳のアニシモワは、試合後の会見で「最高の気分。今日の試合は本当にタフだったから、スーパーハッピー」と喜びを語った。

第1セットのタイブレークではベグに4-6とセットポイントを握られていたが、そこから4ポイントを連取する猛攻を見せた。

「あのセットはずっとキープの連続だった。タイブレークは劣勢だったし、ただ集中を維持しようとしていた。今日はいい気持ちではなかった。試合全体を通して本当に厳しかった。ウォーミングアップでさえそうだった。試合へ向かうことでさえ本当に苦しかった。今日の勝利は、とても誇りに思える」

今大会は第1シードの大坂なおみ、第2シードのKa・プリスコバ(チェコ)、第4シードのK・ベルテンス(オランダ)、第5シードのA・ケルバー(ドイツ)、第9シードのE・スイトリナ(ウクライナ)、第10シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)らシード勢がベスト16を前に姿を消している。

アニンシモワは「この大会は番狂わせばかり。とてもいいこと。自分の世代がいいプレーをしていることは、本当に素晴らしいと感じている」と述べた。

「まだ17歳だから、若い間にそれを味わおうとしている」と意気込みアニシモワは四大大会初のベスト8進出をかけて、4回戦で予選から勝ち上がってきた世界ランク137位のA・ボルソバ(スペイン)と対戦する。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)〜6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂の元コーチ バイン氏語る
・大坂「スコア見なかった」
・大坂を絶賛「世界1位証明」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年6月2日17時45分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!