- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

死闘制した西岡「タフだった」

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は11日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク74位の西岡良仁が同58位のF・オジェ アリアシムを6-7 (2-7), 6-4, 7-6 (7-5)の逆転で破り、2017年以来2年ぶり2度目のベスト16進出を果たした。

>>錦織vsホルカシュ 1ポイント速報<<

>>錦織らBNPパリバ対戦表<<

第1セットを落とした西岡は第2セットの第1ゲームでオジェ アリアシムにブレークを許すも、ミスを誘い出して激しいラリー戦を制し、セットカウント1−1に追いつく。

ファイナルセットに入ると西岡が主導権を握り、ゲームカウント5−1とリード。ここからオジェ アリアシムに追い上げを許し、3本のマッチポイントを取りきることができなかったが、タイブレークの終盤では4ポイントを連取して終止符を打った。

勝利の瞬間、2時間56分におよぶ死闘を制した西岡は雄叫びをあげて喜びを爆発させた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには西岡のコメントが掲載されており「あの状況は、とてもタフだった。3本のマッチポイントがあり、勝つチャンスがあっただけに、彼(オジェ アリアシム)が挽回してきた時は怒ってしてしまった。自分はベストを尽くし、結果的に勝利への道を探すことができた」と振り返った。

4回戦では、世界ランク130位のM・ケクマノビッチ(セルビア)と対戦する。ラッキールーザーで本戦入りした19歳のケクマノビッチは3回戦で第30シードのL・ディエレをストレートで下しての勝ち上がり。

西岡は「また4回戦へ戻ってこられて、とてもうれしい。ここのコートや気候、ボールなど全てが自分に合っていると思う。2年前は準々決勝進出のチャンスを掴むことができなかったから、今回は何とか掴み取りたい」と意気込んだ。

一方、敗れたオジェ アリシアシムは「彼(西岡)は自分のバックハンドへ高く弾むボールを打ち始めていた。フォアハンドのミスも出始め、そこからタフになってしまった」と語った。

「それでも、挽回できたのは信じられなかった。なぜなら、いいプレーをしていたわけではなかったから。彼は試合の主導権を握っていた。マッチポイントを握られた時は、1ポイントを何とか取ってやろうという気持ちだった。『もしかしたら彼がサービング・フォー・ザ・マッチで硬くなるかもしれないから、チャンスがくるのでは』と思っていた。そしてチャンスをものにした。そこまでの挽回には満足している」

同日の3回戦では第7シードのD・ティーム(オーストリア)、第18シードのG・モンフィス(フランス)、世界ランク89位のI・カルロビッチ(クロアチア)が16強入り。第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)は3回戦で姿を消した。

第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と世界ランク39位のP・コールシュライバー(ドイツ)の3回戦は、雨による悪天候の影響で翌日へ順延となった。

また、第6シードの錦織圭と世界ランク67位のH・ホルカシュ(ポーランド)の3回戦は、日本時間13日の3時(現地12日の11時)に開始予定。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」
WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

【配信予定】3/3〜3/18

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・「錦織ではなく西岡」と冗談
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪
・フェデラー「完璧な人いない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年3月12日17時17分)

その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!