- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「錦織ではなく西岡」と冗談

西岡良仁
優勝の西岡良仁、写真は全米OP
画像提供: tennis365.net
男子テニスの深セン・オープン(中国/深セン、ハード、ATP250)は30日、シングルス決勝が行われ、世界ランク171位の西岡良仁が同67位のPH・エルベール(フランス)を7-5, 2-6, 6-4のフルセットで破り、ツアー初優勝を果たした。日本男子では松岡修造錦織圭杉田祐一ダニエル太郎に次ぐ史上5人目の快挙を成し遂げた。

>>錦織vs杉田 1ポイント速報<<

>>錦織ら楽天OP対戦表<<

現在23歳の西岡は、昨年3月に世界ランキングで58位へ上り詰めたが、膝の負傷でツアーを離脱を余儀なくされた。休養中をポジティブに捉えた西岡はSNSやYouTubeで自身の活動を発信、さらにジュニアの大会やイベントなどがあれば自ら足を運んだ。

そして2017年末のATPチャレンジャーで復帰すると、今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では復帰後の公式戦で初勝利をあげた。

今大会は予選から出場し、本戦2回戦で第6シードのD・シャポバロフ(カナダ)にマッチポイントを握られる崖っぷちから勝利を手にすると、準決勝では今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で苦杯を喫した第5シードのF・ベルダスコ(スペイン)を死闘の末に下した。

迎えた決勝戦、西岡は第1セットを先取し、第2セットも先にブレークする好スタートを切った。しかし、セットカウント1−1に追いつかれると、エルベールに流れが傾き始める。

鍵となったのは第2ゲームだった。ブレークポイントを握られるも踏ん張ってサービスキープに成功した西岡は息を吹き返し、第5ゲームでブレークする。第9ゲームはマッチポイントを逃したが、続く第10ゲームでは最後エルベールのボールがネットにかかり、2時間20分で勝利。復帰後、約10カ月で悲願のツアー初制覇を成し遂げた。

Tennis TVのツイッターには「僕の名前を覚えてください。錦織ではなく、西岡です」とジョークを飛ばす西岡の優勝スピーチの模様が掲載されている。

10月1日に開幕する楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2018(日本/東京、ハード、ATP500)にワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する西岡は、初戦でN・キリオス(オーストラリア)と対戦する。

「楽天ジャパンオープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!
国内で行われる唯一の男子テニスATPツアー。“日本のエース”錦織圭をはじめ、杉田祐一、ダニエル太郎ら日本人選手の活躍に注目!

【放送予定】
10/1(月)〜10/7(日)[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・西岡、錦織「超強かった」
・西岡良仁に独占インタビュー
・錦織 楽天「もちろんV目指す」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月30日22時02分)

その他のニュース

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!