- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織称賛のエルベール 複でV

男子テニスのBNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード)は19日、ダブルス決勝が行われ、第7シードのPH・エルベール(フランス)/ N・マウー(フランス)組が第6シードのJ・ソック(アメリカ)/ V・ポスピシル(カナダ)組を6-3, 7-6 (7-5)のストレートで下し、優勝を果たした。

この試合、エルベール/ マウー組はファーストサービスが入った時に82パーセントの確率でポイントを獲得して主導権を握り、1度もブレークを許さずに1時間20分で栄冠を獲得した。

エルベールは今大会のシングルスで予選を勝ち抜き本戦出場を果たすも、1回戦で同じく予選勝者のV・コヴァリク(スロバキア)にフルセットの末に敗れ、初戦敗退となっていた。

昨シーズン、エルベールはダブルスで全豪オープン準優勝、全米オープンでは優勝を飾るなど大きな飛躍を遂げた。今シーズンは1月の全豪オープンで予選を勝ち上がり、グランドスラム自己最高の3回戦進出など、シングルスでも結果を残している。

昨年12月のIPTL「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」日本ラウンドでは錦織圭とダブルスを組んで出場。

当時、錦織は「リターンも上手いですし、ボレーも上手い。とてもリーチが長くて、少し変わったフォームで打つから、近くで見てすごく上手いなと思いました。」と絶賛していた。

一方、敗れたソック/ ポスピシル組は昨年のBNPパリバ・オープン男子でマスターズ大会初優勝を果たしており、今大会は2連覇をかけての戦いだった。

またシングルスでは、ソックは第11シードのD・ティエム(オーストリア)に敗れて3回戦敗退。ポスピシルは2回戦で第16シードのG・シモン(フランス)に敗れて2回戦敗退となっていた。






■関連ニュース■ 

・最後は雄叫び ソック爆発
・ブライアン兄弟 連覇阻まれる
・ポスピシル 秘密の青ノート
(2016年3月20日12時55分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!