- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 初戦は好調69位か90位

10日から開幕する男子テニスツアーのBNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード)は8日、シングルスの対戦表が発表され、第5シードの錦織圭は初戦の2回戦で、世界ランク69位のD・ムニョス-デラナバ(スペイン)と同90位のM・ククシュキン(カザフスタン)の勝者と対戦する組合せとなった。今大会のシード選手は1回戦免除のため、錦織は2回戦からの登場。

ムニョス-デラナバは現在34歳のベテラン選手だが、今シーズンになって2月29日の世界ランキングで自己最高位を更新するなど、調子を上げている。錦織との対戦はこれまで1度もない。

一方、ククシュキンは錦織と過去に5度対戦し、錦織から見て5勝0敗。今シーズンでも既に2度対戦し、いずれも錦織がストレートで勝利している。ククシュキンは先日のデビスカップ ワールドグループ1回戦 セルビア対カザフスタンでは世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)とフルセットの死闘を繰り広げた。

上位シード勢が勝ち進んだ場合、錦織は3回戦で第30シードのS・ジョンソン(アメリカ)、4回戦では第9シードのJ・イズナー(アメリカ)か第19シードのB・ペール(フランス)と対戦する組合せ。

今大会は世界ランク3位のR・フェデラー(スイス)が欠場を表明している。

その他のシード勢は第1シードがジョコビッチ、第2シードがA・マレー(英国)、第3シードがS・ワウリンカ(スイス)、第4シードがR・ナダル(スペイン)、第5シードが錦織、第6シードがT・ベルディヒ(チェコ共和国)、第7シードがJW・ツォンガ(フランス)、第8シードがR・ガスケ(フランス)となった。

昨年は決勝でジョコビッチがフェデラーを下し、2連覇を達成した。

錦織は、6日まで行われた国別対抗戦のデビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対イギリスにエースとして出場。1勝2敗と崖っぷちで迎えた最終日のシングルスでは、マレーと4時間54分の激戦を繰り広げるも最後は押し切られ、日本の初戦突破とはならなかった。






■関連ニュース■ 

・錦織 「鋼鉄」マレーに屈する
・ジョコ 格下にまさかの大苦戦
・錦織「ずるい」 7選手を羨む
(2016年3月9日11時42分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!