- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー、錦織・フェデラー・ジョコビッチがスーパースター選手をコーチに迎える事例について語る

男子テニスで世界ランキング4位のA・マレー(英国)は、グランドスラム8度の優勝を誇るI・レンドル(アメリカ)をコーチに迎えてから戦績が記録的に伸びた。それに触発されたのか、トップ選手が過去のスーパースター選手をコーチに迎える事例が続いている。

N・ジョコビッチ(セルビア)はグランドスラムで6度優勝しているBo・ベッカー(ドイツ)R・フェデラー(スイス)S・エドバーグ(スウェーデン)と全豪オープンからタッグを組み始める。またグランドスラムで1勝しているM・チャン(アメリカ)は日本期待の錦織圭(日本)とコーチング関係を新たに結んでいる。このため、過去のスーパースターたちがロッカールームで顔を合わせる日もそう遠くはない。

この件についてマレーは「実を言うと、これについては選手たちとは話していない。当時の選手がお互いに、またスタッフ同士でも仲良くなかった事は知っている。でも、現在のロッカールームの状況は少し違っている。元選手の人間が入ってくる事によって、その状況がどう変わってくるのか興味深いね。」と、話している。

今回の全豪オープンで、マレーとフェデラーは世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)、同5位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)がいるトップハーフに入っており、厳しい戦いが予想されている。

一方、4連覇を狙うジョコビッチはボトムハーフに入っており、このブロックにはグランドスラム優勝経験者は1人もおらず、対照的な状況。

ジョコビッチはベッカーについてテニス界の「真の伝説的人物」と話しており、ヘッドコーチとして迎えている。

フェデラーは、幼少時代のアイドルであったエドバーグについて「時間を過ごす機会があるだけでもハッピー」と、話している。フェデラーは、エドバーグからパートタイムのコーチを引き受けるという連絡をもらった際、非常に嬉しかったと述べている。

マレーはこのような状況について、過去のスーパースターたちがコーチに就任する事によって、ライバルたちが再活性化する事を期待していると話す。

これは少なくともコーチ関係が始まった当初は、過去のスターたちに印象付けようとするためにそうなるであろうとのこと。

「(レンドルと)始めた最初の数カ月は、練習に行く際にも少し緊張していた。でも、それはいいことだと思う。コーチの事を気にしていて、印象付けたいと思っている証だからね。」

「でも時間が経つにつれて、そのコーチが傍にいる事に慣れてくるもの。これは人間関係であれば、どの関係にも当てはまる事だけどね。」

また過去のスーパースターたちがコーチになった事については「スターたちが近くにいるなんてカッコいい事だと思う。ロッカールームに入っていくとベッカーがいたり、もちろんイバン(レンドル)がいて、チャン、G・イバニセビッチ(クロアチア)といった選手がいる。子どもの頃はこういった選手のプレーをみるのが大好きだった。」と、マレー。

マレーは2013年の9月に手術をして以来、1大会にしか出場していない。全豪オープンでは過去3度決勝に進んでいるが、優勝は未だない。マレーはレンドルからのサポートを受けてから2012年の全米オープンで優勝、昨年はウィンブルドンで地元選手による優勝を飾った。

全豪オープンについて「上手く大会に入って、気持ち良いプレーが毎日出来れば、期待過剰でなくなる可能性もある。」と、マレーは展望を述べる。

全豪オープン2014


■関連記事■

《悲願の全英初優勝マレーを信じ続けたコーチのレンドル<ウィンブルドン>》

《フェデラー「子供の頃からのヒーロー」をコーチに迎え入れる》

《元世界1位ベッカーがジョコビッチのコーチに》

《錦織が元世界2位チャンを絶賛「世界トップ3のコーチ」》


■関連動画■

《全豪オープンテニス2014みどころ》

(2014年1月13日11時23分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月19日

大坂撃破のザン 逆転で8強入 (21時06分)

加藤、日比野がダブルス4強 (19時45分)

MS4大会連続8強「大きな意味」 (18時06分)

シンシナティ男子8強出揃う (16時58分)

シンシナティ女子8強出揃う (16時02分)

マクラクラン組 CH2週連続4強 (14時58分)

キリオス組、第1シード組に敗戦 (13時56分)

ラドゥカヌ破りペグラ8強 (13時24分)

アルカラス 元3位チリッチ撃破 (12時27分)

イズナー WCコルダ破り8強 (12時01分)

ノリー 快進撃の19歳破り8強 (11時38分)

ナダル撃破のチョリッチ 8強 (11時14分)

オジェがシナー下し8強入り (10時47分)

クヴィトバ8強 ジャバー撃破 (9時24分)

チチパス完勝 3年連続の8強 (8時30分)

全米OP 賞金総額が過去最高に (8時00分)

フリッツ 逆転で8強、次戦メド (7時31分)

メド 4年連続8強、シャポ撃破 (7時01分)

ナダル撃破「名誉なこと」 (6時31分)

女王敗退 2週連続で8強逃す (5時55分)

8月18日

キリオス「休養の時間だ」 (23時46分)

日本代表監督に添田、杉山 (21時27分)

コルダ 米対決制し16強 (19時05分)

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!