国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

過去に錦織も 上位4シードの4強は13度目

メドベージェフ、シナー、アルカラス、ジョコビッチ
メドベージェフ、シナー、アルカラス、ジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は17日、シングルスの予選ラウンドロビン全試合が終了。決勝トーナメントには上位4シードが進出することが決定し、2020年以来3年ぶり13度目の出来事となった。

>>ジョコ、アルカラスら最終戦の組合せ・結果<<

>>島袋 将vsナルディ 準決勝 1ポイント速報<<

Nitto ATPファイナルズはシーズンの獲得ポイント上位8選手のみが出場できる大会で、1970年に東京で前身となるペプシ・グランプリ・マスターズ(東京体育館)が開催。以降は世界中で毎年持ち回りで開催されていたが、2009年から2020年まではロンドンのO2アリーナで、2021年以降はトリノのパラ・アルピツアーで熱戦が繰り広げられている。

8選手が4人ずつ2グループに分かれてラウンドロビン方式で争われる同大会。勝ち上がりによってはラウンドロビンで1度敗れた選手も優勝の可能性もあるほか、ラウンドロビンで戦ったカードが決勝で対戦することもあり、普段のツアー大会とは異なったレギュレーションとなる。

グリーングループを1位通過したのはJ・シナー(イタリア)。今季ナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)を含むツアー4大会で優勝した22歳は2年ぶりの最終戦Nitto ATPファイナルズ出場となった今大会、3戦全勝で初の4強入りを決めた。そして2位通過は大会6度の優勝を誇るN・ジョコビッチ(セルビア)となった。

もう一方のレッドグループはC・アルカラス(スペイン)が首位通過。昨年出場権を得ていた同選手は直前に左わき腹を負傷し欠場。今大会では第1戦で敗れ黒星スタートとなったものの、第2戦・第3戦で勝利し決勝トーナメントへ駒を進めた。2位通過のD・メドベージェフは開幕2連勝で第2戦終了時点で勝ち上がりを決めていたが、第3戦でアルカラスに敗れたため2位通過となった。

これにより、上位4シードが準決勝に進むことが決定。決勝進出をかけてアルカラスとジョコビッチ、シナーとメドベージェフが現地時間18日に顔を合わせる。

なお、54年の歴史を持つ同大会で上位4シードが4強に駒を進めるのは2020年以来3年ぶり13度目。2014年大会では第4シードとして出場した錦織圭もその一員となっている。

トップ4シードが4強入りした過去13大会は以下の通り。
()内はシード

2023年:(1)ジョコビッチ (2)アルカラス (3)メドベージェフ (4)シナー
2020年:(1)ジョコビッチ (2)R・ナダル(スペイン) (3)D・ティーム(オーストリア) (4)メドベージェフ
2018年:(1)ジョコビッチ (2)R・フェデラー(スイス) (3)A・ズベレフ(ドイツ) (4)K・アンダーソン(南アフリカ)
2014年:(1)ジョコビッチ (2)フェデラー (3)S・ワウリンカ(スイス) (4)錦織圭
2004年:(1)フェデラー (2)A・ロディック(アメリカ) (3)L・ヒューイット(オーストラリア) (4)M・サフィン
1990年:(1)S・エドバーグ(スウェーデン) (2)Bo・ベッカー(ドイツ) (3)I・レンドル(アメリカ) (4)A・アガシ(アメリカ)
1989年:(1)レンドル (2)ベッカー (3)エドバーグ (4)J・マッケンロー(アメリカ)
1986年:(1)レンドル (2)ベッカー (3)M・ビランデル(スウェーデン) (4)エドバーグ
1984年:(1)マッケンロー (2)J・コナーズ(アメリカ) (3)レンドル (4)ビランデル
1983年:(1)ビランデル (2)レンドル (3)マッケンロー (4)コナーズ
1982年:(1)コナーズ (2)G・ビラス(アルゼンチン) (3)レンドル (4)マッケンロー
1979年:(1)ボルグ (2)コナーズ (3)マッケンロー (4)V・ゲルレイティス(アメリカ)
1973年:(1)I・ナスターゼ(ルーマニア)(2)J・ニューコム(オーストラリア) (3)コナーズ (4)T・オッカー(オランダ)

<Nitto ATPファイナルズの組合せ・結果>

【グリーングループ】
1位 J・シナー:3勝0敗
2位 N・ジョコビッチ:2勝1敗
3位 H・ルーネ(デンマーク):1勝2敗
4位 H・フルカチュ(ポーランド) 0勝1敗
5位 S・チチパス(ギリシャ):0勝2敗

【レッドグループ】
1位 C・アルカラス:2勝1敗
2位 D・メドベージェフ:2勝1敗
3位 A・ズベレフ:2勝1敗
4位 A・ルブレフ:0勝3敗




■関連ニュース

・アルカラス、ジョコ戦「楽しむ」
・ズベレフ敗退も「大きな希望」
・アルカラス快勝で4強、次戦ジョコ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年11月18日13時34分)

その他のニュース

4月15日

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

4月12日

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」 (21時13分)

杉山監督「2人とも素晴らしかった」 (19時06分)

大坂なおみ「とても緊張した」 (18時44分)

日比野「攻守のバランス良かった」 (17時22分)

大坂なおみ 相手エース撃破!日本勝利に王手 (17時15分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」初日 (15時25分)

日比野菜緒が完勝で日本が先勝! (15時20分)

“指揮者”ジョコがブーイングに応戦 (11時56分)

大会史上最長3時間30分の死闘制す (11時33分)

好調シナー 今季3度目MSで8強 (10時27分)

大坂ら日本代表5選手にインタビュー (9時10分)

ジョコ 昨年負けた相手に雪辱果たす (0時06分)

【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面 (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!ルード勝利の瞬間 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!