国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「プレー中も足首痛かった」

カルロス・アルカラス
カルロス・アルカラス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は6日、シングルス準々決勝が行われ、第7シードのC・アルカラス(スペイン)が第3シードのR・ナダル(スペイン)を6-2, 1-6, 6-3のフルセットで破り、史上最年少で大会ベスト4進出を決めた。19歳のアルカラスは試合中に足首を捻ったシーンを振り返り、「プレー中も痛かった」と明かした。

>>ジョコビッチvsアルカラス 1ポイント速報<<

>>ズベレフvsチチパス 1ポイント速報<<

3度目の顔合わせとなった同胞対決は序盤から一進一退の攻防が続く。第1ゲームでアルカラスがブレークに成功するも直後にナダルがブレークバック。それでも第3・第7ゲームでブレークを奪い第1セットを先行する。

続く第2セット序盤、互いにサービスキープが続く展開の中、アルカラスが第3ゲーム終了時に右足首を捻って転倒。メディカルタイムアウトを取り、アルカラスが足首にテーピングを巻く事態に。すると直後の第4ゲームでナダルがこのセット最初のブレークに成功。その後アルカラスは5ゲームを連取されて1セットオールとされる。

迎えたファイナルセット、足首を負傷したアルカラスだったが、勢いを取り戻す。第4ゲームでこの日4度目のブレークを奪うと、これを守りきって2時間15分の熱戦を制した。

ムチュア・マドリッド・オープンは、アルカラスのコメントを公式サイトに掲載。次のように試合を振り返っている。

「難しい第2セットだったね。足首を捻ってしまい、プレー中も痛かったんだ。第2セットでは1ゲームしか取れなかったけど、それが原因ではない。集中力が切れて、足首のことをずっと考えていて、試合をするどころではなかったんだ」

「第2セットを落とした後、トイレに行ったのが役に立ったよ。顔を洗って、『足首のことではなく、プレーすることを考えろ』と自分に言い聞かせたんだ。『他のことは考えず、最後の1ポイントまで全力を尽くすことを考えよう。お前ならできる』とね。それが、第3セットで自分を奮い立たせ、素晴らしいテニスをするのに役立ったんだ」

また、アルカラスはナダルに初勝利を挙げたことに対しても、次のように語った。

「すごく興奮してるよ。クレーコートでラファ(ナダル)を倒したことのあるプレーヤーはほとんどいない。その中の一人になれて幸運だったと思っている。今はとてもハッピーな気分だよ。忘れられない勝利や瞬間というのは常にあるもので、この勝利は明らかに僕の残りの人生にとって忘れられないものになるだろうね」

勝利したアルカラスは準決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは準々決勝で第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)を6-3, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。世界ランク1位のジョコビッチと同9位のアルカラスは、これが初の顔合わせとなる。

また、同日には第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)と第4シードのS・チチパス(ギリシャ)が準決勝に駒を進めている。




■関連ニュース

・ナダル撃破「大きな意味ある」
・ナダル「僕より優れていた」
・ジョコ4強「組立に満足」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年5月7日18時55分)

その他のニュース

2月29日

【速報中】西岡良仁vsドレイパー (9時04分)

珍記録?9セット連続タイブレーク (9時00分)

メド逆転勝ち「緊張しすぎ」も8強 (8時09分)

元世界1位マレー 今夏での引退を示唆 (6時47分)

2月28日

島袋将 今季初CH8強ならず (21時51分)

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

【動画】チリOPのイレギュラーバウンド (0時00分)

【動画】相手のガッツポーズに激怒「黙ってろクソ野郎」 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!