国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

王者ジョコビッチ破る金星

ダビドビッチフォキナ
ダビドビッチ フォキナがジョコビッチ破る
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は12日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク46位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-3, 6-7(5-7), 6-1で下す金星をあげた。

>>モンテカルロ組み合わせ・結果<<

世界ランク1位のジョコビッチは今季、新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)とマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)を欠場。

今大会は2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)以来、今季2大会目。

対するダビドビッチ フォキナは、今季9大会に出場し、ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権ではジョコビッチと同じくベスト8。また昨年のモンテカルロ・マスターズでは、初出場で8強入りを果たしている。

ダビドビッチ フォキナは過去0勝2敗の王者ジョコビッチに対して、オープニングゲームから積極的なプレーでウィナーを狙っていく。序盤、2ヶ月ぶりの公式戦で動きの硬いジョコビッチからブレークを3度奪い、第1セットを先取する。

第2セット、ダビドビッチ フォキナはゲームカウント3-0とリードをするも、ジョコビッチが徐々にリズムに乗り始めてタイブレークに突入。ダビドビッチ フォキナがミニブレークを先に決めて先行するも、ポイント5-4からジョコビッチが3ポイントを連取し、1時間23分に及んだ第2セットを奪われる。

迎えたファイナルセット、ダビドビッチ フォキナは第1ゲームでブレークに成功すると、第5、第7ゲームもブレークし、勝利を手にした。

試合後のダビドビッチ フォキナのコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され、「最初からチャンスがあった」と語った。

「ノール(ジョコビッチ)が、(あまり)プレーをしていないことは分かっていたので、最初から良いスタートを切ることができた」

「最初からチャンスがあったから、すべてのポイントに集中しなければならなかったし、それをやり遂げることができた」

「彼が第2セットを取ったときは精神的にきつかったけど、今はもっと集中できるように取り組んでいる。第2セットであっても第1セットであっても、落としたことを気にはしない。僕は戦いに向けて準備をしなければならないんだ」

ジョコビッチがツアー大会の初戦で姿を消したのは、2018年4月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー 、ATP500)2回戦で、当時世界ランク140位のM・クリザン(スロバキア)に敗れて以来、4年ぶりのこと。

勝利したダビドビッチ フォキナは3回戦で、世界ランク27位のD・エヴァンス(イギリス)と同47位のD・ゴファン(ベルギー)の勝者と8強入りをかけて対戦する。

また同日に行われた1回戦では、第10シードのT・フリッツ(アメリカ)、第16シードのL・ソネゴ(イタリア)、世界ランク45位のP・マルティネス(スペイン)、同62位のL・ジェレ(セルビア)、同81位のE・ルースブオリ(フィンランド)、同83位のL・ムセッティ(イタリア)が2回戦に進出している。




■関連ニュース

・ジョコ「心が折れる敗戦」
・ジョコ出場「最高の場所」
・ナダル、ジョコの入国問題に私見

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年4月13日2時24分)

その他のニュース

8月18日

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

8月16日

元世界3位 3年ぶり初戦突破 (22時39分)

カレノ=ブスタ浮上、最終戦ランク (19時19分)

土居美咲 17歳新鋭に敗れる (18時31分)

21歳で世界1位「長期的に考える」 (15時48分)

31本エース 辛くも初戦突破 (14時45分)

デ杯GS ジョコら出場 (13時51分)

ベレッティーニ下し初戦突破 (12時13分)

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

8月15日

大坂39位、土居は95位に (19時02分)

西岡TOP50目前の51位に (18時02分)

メド全米へ「自信つけたい」 (15時51分)

18歳ガウフ 複1位に到達 (15時01分)

大坂39位 15日付世界ランク (13時38分)

錦織 12年ぶり300位台へ (12時43分)

錦織「手術して良かった」 (11時00分)

ナダル 今は「健康維持」が1番 (8時51分)

ハレプ 4年ぶり3度目V (8時11分)

カレノ=ブスタ MS初優勝 (7時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!