- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

リオ金プイグ 新チーム「家族」

モニカ・プイグ
モニカ・プイグ
画像提供: tennis365.net
女子テニスのボルボ・カー・オープン(アメリカ/チャールストン、クレー、プレミア)は4日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク63位のM・プイグ(プエルトリコ)が第3シードのA・サバレンカ(ベラルーシ)を6-2, 7-5のストレートで下し、ベスト8進出を果たした。

女子プロテニス協会のWTAは4日に公式サイトで、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、 ハード)の金メダリストのプイグが全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)後からスタートした新チームに対して残したコメントを記載した。

WTAは「プイグは全豪後、コーチをS・ステファンズ氏からK・マレー氏に、更にアシスタントコーチ兼ヒッティングパートナーにO・ガルマを新しくチームに迎え入れた。3人はハードにトレーニングを重ねたが、アビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコ/ アカプルコ、ハード、ATP500)、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000) 、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で結果が出ないことにイラついていた。しかし2019年のアビエルトGNP・セグロスでS・エラーニ(イタリア)S・ケニン(アメリカ)を下した後、世界ランク10位のサバレンカを破り、自身初の対トップ10から勝利を獲得、見事なカムバックを果たした」と記載している。

「少し我慢できなくなっていた。新しいチームになった後、すぐに良い結果が出ると思っていた。多くのことを変えてたくさん練習したから。これで試合を変えられるって思っていた。でも現実はそうじゃなかった。もっと我慢が必要だったんだ。そして今週ようやく波に乗ってきた」

「マイアミ後はひどくて、私は『こんなにハードに練習しているのにどうなっているんだ』という感じだったが、マレーは常にリラックスしていて、『何事にも過程がある。今までとは違うプレーをしているのだから。今は待っていれば良くなる時が来る』と言っていた」

「また、今週は全員で1つの家に泊まり、ずっと時間を共にした。彼らは私をコート外で楽しませてくれて今は家族のような存在。私もこのチームが好きで、彼らは私が1週間戦い抜くために支えてくれている」

「初めてマレーと話した時、私が何をしたくて何をする必要があるのかを話し合った。彼は私のプレースタイルを好んでくれていたけど、その時は少し我慢が足りない感じだったと思う。オリンピックの後は突然の大きなプレッシャーで戦い続けるのが大変だった。急に戦いにくくなり、落ち込みやすくもなった」

「だからマレーが戦い抜くために教えてくれたことはとても大きかった。たとえ試合が接戦になったとしても自分を信じ続け自分のショットを打つこと。そうすればうまくいく時が来ると」

「コーチの2人ともよく働き、よく喋る。彼らが何かを成し遂げたいとき、何をすればいいのか、なぜやるのか、やるとどう変わるのかを説明してくれる。また彼らは過程を大切にするタイプの人で、私は結果を大切にする人。私自身も変わろうと努力している。でも彼らは『俺たちを信じろ。いいから俺たちが言ったことを信じろ』という感じ私をで鼓舞してくれる」

プイグは次の試合で、4強入りをかけて第11シードのD・コリンズ(アメリカ)と対戦する。コリンズは世界ランク82位のK・カネピ(エストニア)を下しての勝ち上がり。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 モンテカルロ」

【配信予定】
4/14(日)〜4/21(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・フェデラー「クレー自信ない」
・錦織らモンテカルロ出場一覧

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
(2019年4月5日20時16分)

オススメ記事
その他のニュース

8月20日

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

8月18日

インカレ男子 単複4強が出揃う (21時04分)

インカレ女子 単複4強が出揃う (20時48分)

ジョコ脱帽「世界のトップ」 (17時35分)

メドヴェデフ 3週連続決勝へ (16時05分)

全日本Jr 男子は藤原智也がV (16時00分)

全日本Jr女子、山口瑞希がV (15時17分)

ゴファン マスターズ初の決勝へ (14時22分)

インカレ 準決勝からライブ配信 (14時21分)

マレー 2週連続で単に臨む (13時48分)

錦織 練習再開、全米へ向け調整 (11時40分)

ジョコ逆転負けで2連覇ならず (9時01分)

大坂なおみ 世界1位キープ確定 (1時17分)

8月17日

羽澤慎治や小林雅哉が敗退 (23時11分)

佐藤南帆ら単8強出揃う (23時10分)

全日本Jr 17日女子結果一覧 (21時08分)

全日本Jr男子 17日結果一覧 (20時42分)

メドヴェデフ 7位以上が確定 (18時02分)

大坂から世界1位奪取王手 (15時16分)

西岡棄権「点滴2リットル」 (11時56分)

ジョコビッチ 7度目4強入り (11時41分)

大坂なおみ「全米OP心配」 (8時52分)

けがから復活 ガスケ4強へ (8時26分)

大坂なおみ途中棄権 4強逃す (6時27分)

【1ポイント速報】大坂vsケニン (6時25分)

西岡良仁、体調不良で棄権 (4時30分)

【中止】西岡vsゴファン (4時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!