- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 2018年5月を振り返る

【2018年 振り返り】

5月に行われたムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)に錦織圭はノーシードで出場。初戦は第10シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦した。

錦織と同様に、今年1月にジョコビッチもけがから復帰。2人が1回戦で対戦する好カードとなった。

この試合、先手を打ったのは錦織で、ジョコビッチのサービスゲームを先にブレークする好スタート切った。しかし、ブレークバックを許すと、第11・第12ゲームを連取されて第1セットを落とす。第2セットは両者互角の戦いを見せたが、第10ゲームでジョコビッチにマッチポイントを握られるとバックハンドがアウトし、1時間59分で力尽きた。

初戦敗退を喫した錦織だったが、翌週のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)では1回戦でベテランのF・ロペス(スペイン)に勝利すると、2回戦ではG・ディミトロフ(ブルガリア)との激闘を制す。さらに3回戦でP・コールシュライバー(ドイツ)に快勝し、ベスト8へ駒を進めた。

準々決勝では、またもジョコビッチが立ちはだかった。リベンジを狙う錦織は第1セットを取るも鉄壁の守備を誇るジョコビッチに屈し、4強入りとはならなかった。この敗戦で、元世界ランク1位のジョコビッチに12連敗となった。

その後は全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に出場。初戦で当時世界ランク304位のM・ジャンヴィエ(フランス)の強打に苦しむも4年連続7度目の初戦突破を果たすと、2回戦ではB・ペール(フランス)との死闘を制して3回戦へ駒を進めた。

【錦織 2018年5月】

<全仏オープン>
2回戦 6-3, 2-6, 4-6, 6-2, 6-3 B・ペール
1回戦 7-6 (7-0), 6-4, 6-3 M・ジャンヴィエ

<BNLイタリア国際>
準々決勝 6-2, 1-6, 3-6 N・ジョコビッチ
3回戦 6-1, 6-2 P・コールシュライバー
2回戦 6-7 (4-7), 7-5, 6-4 G・ディミトロフ
1回戦 7-6 (7-5), 6-4 F・ロペス

<マドリッド・オープン>
1回戦 5-7, 4-6 N・ジョコビッチ

大坂なおみ 開花〜完璧主義者が描く未来〜」
日本人男女で初となるグランドスラムシングルス優勝を成し遂げた大坂なおみ。突出した才能が開花した2018年を豊富な独自取材を元に振り返る。

【放送予定】
12月8日(土)よる6:00
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■ 関連ニュース

・錦織の相手ロペス 誤審に怒り
・錦織「顔も名前も出てこない」
・錦織の張り 3つの流儀とは

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月2日17時20分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!