- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ブーイングで謝罪ズベレフ

アレクサンダー・ズベレフ
ブーイングを受けたズベレフ
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのR・フェデラー(スイス)を7-5, 7-6 (7-5)のストレートで破り、初の決勝進出を果たした。

>>ジョコvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>ファイナルズ組み合わせ表<<

この日、ズベレフは第1セットを先取すると、第2セットはタイブレークへ突入。そのタイブレークでズベレフとフェデラーが打ち合う中、ボールボーイはボールを落としてしまう。

それに対し、ズベレフはラリーを止めて主審にリプレイを要求。これで観客からはブーイングが起きた。

1時間35分で勝利したズベレフだったが、試合後もオンコートインタビューでもブーイングは鳴りやまず、後味悪い幕切れとなった。

会見ではタイブレーク中に何が起きたか問われ「ラリーの途中でボールボーイがボールを落としそれを取りに走った。思わずラリーを止めた。レットだと言われた。それがルール。観客は明らかに喜んではいなかった。それには自分は少し憤慨した。いや、憤慨ではない、その後のブーイングや観客からのリアクションに少し悲しかった。恐らく彼らは実際何が起きたか分からなかった。だから、そんなリアクションになったのだと思った」

「しかし最後にネットでロジャー(フェデラー)には謝った。彼は君が謝る必要はないと言っていた。あれも試合の一部。起きてしまうものだと」

ブーイングが起きたときの感情について詳しく求められると「既に語ったように、試合に勝ったのは自分にとって幸せな瞬間だった。決勝戦へ進んだ。でも同時にとても悲しい瞬間でもあった。なぜなら、自分が望んだ勝利の仕方ではなかったから。ブーイングを受けるのは良い気分では全くない。観客はきっと実際何が起きたか分からなかった、どういう状況か分かっていなった。我々は長いラリーをしていたが、そのポイントがサービスエースに変わってしまった」

「その後はとても感情的だった。ブーイングがその後に声援のようなものになっていったのは、助けられた。当然いろんな感情が頭をよぎった。その後、ロッカールームではとても気分が悪くなったりもした。ブーイングした観客は実際何があったのかを見直してくれることを願うし、自分が何も悪いことをしていないとただ分かって欲しい」

決勝では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・グーガ・クエルテン】
(1)N・ジョコビッチ 3勝0敗
(3)A・ズベレフ 2勝1敗
(5)M・チリッチ(クロアチア) 1勝2敗
(8)J・イズナー(アメリカ) 0勝3敗

【グループ・レイトン・ヒューイット】
(2)R・フェデラー 2勝1敗
(4)K・アンダーソン(南アフリカ) 2勝1敗
(6)D・ティーム(オーストリア) 1勝2敗
(7)錦織圭 1勝2敗

現在開催中の男子テニスATPワールドツアー「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて配信!

【配信予定】
11月11日(日)〜11月18日(日) 
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■ 関連ニュース

・「圭は素晴らしい」とズベレフ
・錦織 驚異のズベレフに太鼓判
・錦織「やっぱちっちぇーな」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年11月18日9時46分)

その他のニュース

6月17日

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!