- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織と激突ジョコ「警戒」

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会10日目の5日、男子シングルス準々決勝が行われ、第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク55位のJ・ミルマン(オーストラリア)を6-3, 6-4, 6-4のストレートで下してベスト4進出を果たし、準決勝で第21シードの錦織圭と対戦することが決まった。

>>錦織vsジョコ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

>>大坂vsキーズ 1ポイント速報<<

>>大坂ら全米OP対戦表<<

ジョコビッチは会見で、錦織について「最高のバックハンドを持っている選手の1人。とても早い。ツアーで最も早い選手の1人。驚くようなフットワークを持っている」と述べた。

両者は17度目の対戦で、ジョコビッチの14勝2敗。現在錦織に13連勝している。今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)準々決勝ではセットカウント3−1で錦織を振り切った。

「(ウインブルドンの)最初の2セットはタフな戦いだった。色んな大会で何度も対戦した。最大の敗戦は、2014年の全米オープン。準決勝だったはず。明らかに彼は、ここでプレーをすることが大好き。彼はM・チリッチ(クロアチア)ととてもタフな試合をし、何とか勝利をものにした。それはとても素晴らしかった」

「彼はとても勤勉な選手として有名で、すごく努力している。才能もある。M・チャン(アメリカ)もチームにいる。素晴らしいチーム。彼はテニス人生を通してけがにも苦しめられ、乗り越えてきた。彼にスイッチが入ったら、トップ10やトップ5の選手。大きな大会でも優勝しているし、グランドスラムの決勝の舞台にも立った経験もある。対戦成績は自分の方がいいのは確か」

ジョコビッチは、今年のウィンブルドンでタイトルを獲得。さらに前哨戦のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)で初優勝し、史上初となる「ATPマスターズ1000」全9大会制覇の『ゴールデン・マスターズ』を達成するなど勢いに乗っているが、錦織との準決勝は「ベースラインで戦うのなら、彼は早いプレーをするから、自分がベストなプレーをする必要がある。最初のポイントから警戒して臨まなければならない」と気を引き締めた。

現地7日に行われる両者の準決勝は、センターコートのアーサー・アッシュ・スタジアム第3試合に組まれ、日本時間8日の6時30分(現地7日の17時30分)以降に開始予定。

また、ジョコビッチと対戦したミルマンは4回戦で第2シードのR・フェデラー(スイス)を破る金星をあげて四大大会初の8強入りを果たしていた。

「ミルマンのあんな試合を観たのは驚きだった。試合の後半しか観ていないけど、ロジャーはミスばかりだった。ミルマンは相手にミスをさせるようなプレーをする選手。彼(ミルマン)はほとんどミスをしないし、どんなボールも返球してくる。とてもコートが遅くなっている状況で、さらに彼は多くボールを返してきた」

「ある意味、戦術的にはバランスを取ることが必要だった。自分自身も辛抱強くプレーをした。こんな暑さの中で言うことは簡単だけど、実際行動にするのは難しかった」

「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!錦織圭、大坂なおみ、悲願のグランドスラム初制覇なるか!?

【放送予定】
8月27日(月)〜9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織 酷暑「ルールあっても無理」
・錦織 フェレールの引退惜しむ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月7日20時54分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!