- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

838位マレー、ランク気にせず

アンディ・マレー
元世界ランク1位のアンディ・マレー
画像提供: ゲッティ イメージズ
30日に開幕する男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は27日にシングルスの組み合わせを発表し、元世界ランク1位のA・マレー(英国)は初戦でM・マクドナルド(アメリカ)と対戦することが決まった。

>>錦織らシティOP対戦表<<

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

男子テニス協会のATPは28日にマレーを特集した。

現在、世界ランク838位まで後退しているマレーは公式戦での戦いを望んでおり「早くコートに立ってプレーしたい。かなり長い間ハードコートではプレーをしていない。最初の数ゲームを戦えば、その後は大丈夫なはず。今は実戦をこなしたいだけ。それを待ち遠しく思っている」と復活へ向け貪欲な姿勢を見せた。

マレーは今年1月に臀部の手術を受け6月に復帰したが、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は開幕前日に棄権を発表。今大会は今季3大会目の出場となる。

「どんどんよくなっていると感じている。長い間、試合から遠ざかっていると、試合感を取り戻すのには時間を要する。この1年でわずか3試合しかしていない。なるべくコートに立てるようにと努めている。それで1週間に2・3・4・5試合をこなしてどう感じるか見てみたい。それが大きなテスト。最近はかなりトレーニングをしていて、いい状態になっている。何試合も続けても、きっと大丈夫だと願っている」

復帰戦となった6月のフィーバー・ツリー・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)では2017年のウィンブルドン以来の実戦にもかかわらず、N・キリオス(オーストラリア)とフルセットの激闘を演じた。

その後のネイチャー・バレー国際(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)ではS・ワウリンカ(スイス)を下して復帰後初勝利をあげた。

「芝のシーズンの時より、確実によくなっている。でも去年のインディアンウェルズ以来ハードコートではプレーしていない。かなり前のこと。体がどんな反応をするか見てみる必要がある。練習では、とてもいい感触を得ている」

1週間前、マレーは世界ランク839位まで落とし、かつてない最低のランキングになってしまった。マレーが初めてATPランキングに入ったのは15年前のちょうど今週で、その時は774位だった。それは、当時16歳のマレーがイギリスのマンチェスターのチャレンジャー大会でベスト8入りを果たしての結果だった。それでもマレーは、ランキングは気にしていないと言う。

「シーズンが終わるまで健康でいたい。それができれば、もっと試合に勝てるはずだし、ランキングも上がるはず。体が万全であれば、ランキングのことはあまり気にならない。試合に勝ちたいし、世界のトップ選手たちと戦いたい。早く体作りができたらと思っている。それが今からシーズンが終わるまでの目標で、2019年のシーズンをいい状態でスタートさせる準備になればと願っている」

マレーは今大会の1回戦に勝利すると、2回戦では第4シードのK・エドモンド(英国)と顔を合わせる。同胞のエドモンドにはネイチャー・バレー国際の2回戦で敗れている。

「ここへ来るのを楽しみにしていた。綺麗な街。多くのことをエンジョイできる。大会も素晴らしい歴史がある。ここの環境は好きだし、夏のシーズンへ向けていい調整になるはず。残念ながら最後に出場した時は、いい結果を出せなかった。最初の試合で厳しい敗戦を味わった。だから今回はもうちょっと試合をしたいと思っている」

日本勢では第7シードの錦織圭が1回戦免除のため2回戦からの登場。元世界ランク3位のワウリンカと予選勝者のどちらかと対戦する。杉田祐一は予選勝者、綿貫陽介は予選決勝へ駒を進めている。

7月30日開幕の男子テニスATPワールドツアー500「ワシントンD.C.」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信!

【配信予定】
7月30日(月)〜8月5日(日)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織 マレーは「僕の中で1番」
・錦織破ったマレーのコメント
・キリオス 試合前マレーに冗談

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月29日17時17分)

その他のニュース

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!