- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル戦「負けたくない」

ドミニク・ティーム
初の決勝進出を果たしたティーム
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は8日、男子シングルス準決勝が行われ、第7シードのD・ティーム(オーストリア)が世界ランク72位のM・チェッキナート(イタリア)を7-5, 7-6 (12-10), 6-1のストレートで破り、四大大会初の決勝進出を果たした。

>>ナダルvsティーム 1ポイント速報<<

>>全仏OP対戦表<<

ティームはノーシードから勝ち上がってきたチェッキナートを2時間17分で振り切り、ついに四大大会初となる決勝への舞台の切符を手にした。

第1セットを先取したティームは第2セットのタイブレークで先にセットポイントを握った。その後、ボレーをミスするなどで逆にチェッキナートにセットポイントを与えしまったが2セットアップにすると、第3セットは圧倒した。

ティームは「第2セットのタイブレークは100パーセント鍵になった。もし彼(チェッキナート)があのタイブレークを取っていたら、第3セットはフルパワーで戦ってきたはず。そう考えると第2セットのタイブレークを取れたのは大きかった」と振り返った。

第8シードのD・ゴファン(ベルギー)、第10シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、さらに2016年の全仏オープンを制した第20シードのN・ジョコビッチ(セルビア)らを次々と破り、この日もセンターコートでキレのあるプレーを披露したチェッキナートをティームは称賛した。

「彼は本当に素晴らしい選手たちを倒してきた。第1セットから勝利の道を探していた。突然の快進撃ではない。彼は安定したプレーをしていた。こんなプレーを続けると、特にクレーでは最高の選手になるはず」

オーストリア人で1995年のT・ムスター(オーストリア)以来23年ぶりの全仏オープン制覇に王手をかけているティームは「彼(ムスター)がウィーンで復帰してから交流がある。第2のテニス人生を送っていた最後の試合だった。毎年ウィーンで会っている。彼はどのオーストリアのテニス選手にとってもお手本。オーストリアのスポーツ界では最高の選手。だから彼は今でもお手本」とコメントした。

決勝では、11度目の優勝を狙う第1シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。王者ナダルは準決勝で第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)をストレートで下しての勝ち上がり。

ティームは「グランドスラムの決勝はプレッシャーがある。なぜなら、ここまでは長い道のりだったし、決勝で負けたくない。こんな大会でここまで勝ち上がるのは本当にタフなこと」と語った。

決勝で対戦する両者は10度目の対戦で、ティームの3勝6敗。最後に対戦した今年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)準々決勝ではティームがナダルをストレートで破っている。

全仏オープンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【放送予定】
2018年5月27日(日)〜6月10日(日)
 
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織 ティームを評価
・ナダル撃破 ティーム勝因明かす
・引退よぎるも全仏4強で涙

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年6月9日13時01分)

その他のニュース

2月22日

シード全滅、波乱のリオOP (18時25分)

3連覇狙うスイトリナ 4強入り (15時53分)

マクラクラン勉、複で4強入り (15時10分)

ゴファン 3大会ぶり初戦突破 (13時29分)

デルポ 快勝で2年ぶり8強へ (12時14分)

大坂から女王奪還狙うハレプ (11時07分)

ハレプ4強ならず「疲れていた」 (10時12分)

20歳ウンベル金星「良かった」 (8時47分)

ダニエル太郎 リオ2回戦敗退 (8時10分)

2月21日

YONEX新製品「REGNA」 (20時08分)

18歳の新星 ATP500初8強 (19時03分)

珍事 アウトと思い見送るもイン (16時14分)

チチパス8強 シャポバロフ敗退 (15時07分)

西岡 キリオス組撃破で複4強 (13時05分)

大坂についてTOP10が見解 (11時58分)

錦織らドバイ出場予定一覧 (10時35分)

ダニエル太郎 リオOP初戦突破 (7時55分)

2月20日

大坂破った世界67位敗退 (22時23分)

フェデラー マドリッド出場へ (20時20分)

大坂撃破 要因はサービス改善 (19時44分)

大坂 コーチ騒動で精神的な疲れ (17時01分)

デルポ復帰戦「タフだった」 (16時03分)

ダニエル優勢も雨で順延 (15時01分)

番狂わせ相次ぐ ティーム敗退 (13時21分)

大坂「悲惨」 練習不足明かす (12時50分)

モンフィス 手首負傷で棄権 (12時49分)

西岡 デルポにストレート負け (12時39分)

大坂なおみ撃破で大金星 (10時27分)

【1ポイント速報】西岡vsデル=ポトロ (9時09分)

ツォンガ逆転負け「難しい」 (8時44分)

大坂なおみ 初戦敗退の波乱 (1時41分)

【1ポイント速報】大坂vsムラデノヴィック (1時39分)

2月19日

デルポ復帰「自信を取り戻す」 (17時01分)

キリオス辛勝「うれしい」 (15時41分)

シモン 苦戦も初戦突破 (14時20分)

ジョコ 4度目の受賞「名誉」 (11時23分)

綿貫陽介 初戦突破ならず (10時09分)

大坂 ローレウス賞を受賞 (8時44分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!