- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

15年ぶり 3選手連続で初優勝

ジャック・ソック
(左から)ソック、デル=ポトロ、イズナー
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は1日、シングルス決勝が行われ、第14シードのJ・イズナー(アメリカ)が第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)を6-7 (4-7), 6-4, 6-4の逆転で下し、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初優勝を果たした。

「ATPマスターズ1000」で初優勝者が3選手続いたのは、15年ぶり。昨年11月のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)はJ・ソック(アメリカ)、今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)はJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、そしてマイアミ・オープンはイズナーがタイトルを獲得した。

15年前の2003年には、ハンブルグ・マスターズ(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP1000)でG・コリア(アルゼンチン)、BNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)でF・マンティヤ(スペイン)、ロジャーズ・カップ(カナダ/ モントリオール、ハード、ATP1000)でA・ロディック(アメリカ)が続けて「ATPマスターズ1000」初優勝を飾った。

またイズナー優勝により、ヨーロッパ勢以外の選手が3大会連続で「ATPマスターズ1000」を制した。ソックがロレックス・パリ・マスターズでタイトルを獲得する前は69大会でヨーロッパ勢が「ATPマスターズ1000」の頂点に立っていた。

32歳11カ月5日のイズナーは、31歳2日で初優勝を飾ったI・リュビチッチ(クロアチア)の記録を更新し、歴代最高齢での「ATPマスターズ1000」初優勝者となった。






■関連ニュース

・優勝イズナー メンタル強調
・マスターズ初Vと最終戦王手
・フェデラー 優勝デルポを祝福

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年4月2日20時09分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!