- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 全豪OP2連覇達成

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は14日目の28日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が第6シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-2, 6-7 (5-7), 6-3, 3-6, 6-1の激闘の末に破り、2連覇達成と歴代最多タイの6度目の優勝を果たした。また、男子では四大大会歴代最多優勝数を更新する20勝目となった。

>>錦織らダラスCH対戦表<<

>>錦織vsノビコフ 1ポイント速報<<

この日、序盤から安定した試合運びでポイントを先行したフェデラーは、チリッチにわずか2ゲームしか与えずに第1セットを先取。第2セットはサービスゲームで調子を落として3度のブレークポイントを握られるも、これを死守。しかし、タイブレークを落とし、セットカウント1−1に追いつかれる。

続く第3セットは、一瞬の隙をついたフェデラーが第6ゲームでブレークに成功、リードを守ってセットカウント2−1と勝利まであと1セットに迫る。

続く第4セットを落として迎えたファイナルセット、第1ゲームでブレークのピンチに直面するもこれをしのぐと、第2ゲームで先にブレーク。その後も両者譲らぬ展開となったが、フェデラーが粘るチリッチを振り切ってオープン化以降で歴大最多のN・ジョコビッチ(セルビア)に並ぶ全豪オープン6度目の優勝を飾った。

フェデラーは今大会、1回戦で世界ランク51位のA・ベデネ(スロベニア)、2回戦で同55位のJ・シュトルフ(ドイツ)、3回戦で第29シードのR・ガスケ(フランス)、4回戦で同80位のM・フチョビッチ(ハンガリー)、準々決勝で第19シードのT・ベルディヒ(チェコ)、準決勝では同58位のチョン・ヒョン(韓国)の途中棄権により、1セットも落とすことなく決勝まで勝ち上がっていた。

昨年の全豪オープンで膝のけがから復帰したフェデラーは、決勝でR・ナダル(スペイン)との激闘を制してタイトルを獲得していた。

一方、自身3度目のグランドスラム決勝に臨んだチリッチだったが、2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に続く四大大会2勝目とはならなかった。






■関連ニュース

・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・フェデラー 錦織は「欠かせない」
・「考えてほしい」とナダル苦言

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月28日20時38分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!