- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ディミトロフ 大苦戦も勝利

男子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)は4日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)がワイルドカードで出場のJ・ミルマン(オーストラリア)に大苦戦するも4-6, 7-6 (10-8), 6-3の逆転で下し、辛くも初戦突破を果たした。

>>ブリスベン国際 対戦表<<

今大会、上位4シードは1回戦免除のため、この日が初戦だったディミトロフはミルマンの粘り強いプレーを前にミスが先行し、2度のブレークを許して第1セットを落とす。第2セット、互いに1ブレークずつで迎えたタイブレークでディミトロフは2本のマッチポイントを握られるも、これを死守してセットカウント1−1に。

迎えたファイナルセット、両者譲らぬラリー戦となったが、ディミトロフが第4ゲームで先にブレークに成功。粘るミルマンを振り切って2時間35分でベスト8入りを決めた。

準々決勝では、世界ランク50位のK・エドモンド(イギリス)と対戦する。エドモンドは2回戦で同58位のチョン・ヒョン(韓国)をフルセットで下しての勝ち上がり。

世界ランク3位のディミトロフは、昨年8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)でマスターズ初のタイトルを獲得。初出場を果たした最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)では、1試合も落とすことなく頂点に立つなどキャリア最高のシーズンを送った。

また、同日には世界ランク63位のD・イストミン(ウズベキスタン)が同54位のJ・ドナルドソン(アメリカ)に7-6 (7-5), 6-2のストレートで勝利、同47位のR・ハリソン(アメリカ)はラッキールーザーで出場のY・ハンフマン(ドイツ)に6-7 (5-7), 6-4, 6-2の逆転で勝利して8強入りを決めた。






■関連ニュース

・ディミトロフ「本当に光栄」
・ディミトロフ 公の場でキス
・元会社員 異色経歴ミルマンとは

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月4日23時33分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!