- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーこだわりのボール

ロジャー・フェデラー
フェデラー RF レガシーボール
画像提供: アメア スポーツ ジャパン株式会社
tennis365.netは4日、男子テニスで世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)とテニスメーカーのウイルソンが共同開発した「フェデラー RF レガシーボール」の予約受付を開始した。

>>フェデラー RF レガシーボール詳細はコチラ<<

このボールはフェデラーがボールに求める「毛羽立ちにくい」「耐久性」「一貫性」を実現したこだわりの1品。ボール本体のみならず、フェデラーファンにはたまらないパッケージデザインが施され、さらに1缶ごとにフェデラーのメッセージカードが同封されている豪華仕様になっている。





今季7大会で優勝を飾っているフェデラーは「ウイルソンに『どんなボールが好きか?』と聞かれ、私の好むボールの条件を細かく伝えました。まずボールが毛羽だたないこと。特に最近はスローなコートが多いので、ボールのスピードが落ちないことは非常に重要です。他には耐久性、そして一貫性。以上の3つが重要な要素だと考えています。」

「様々な種類のボールを試し、1つ1つにフィードバックをし、今回完璧なボールができたと思います。ボールが完成した後は、缶のデザインやパッケージのデザイン、そしてボールのデザインをウイルソンと共同開発を行いました」と開発の裏側を明かした。

ケース購入をした方には豪華特典が用意されており、18缶・72球セットの特典としてA4サイズの「フェデラー・クリアファイル3枚セット」をプレゼント。さらに10分の1の確率で、「フェデラーのイラスト+サイン」がデザインされた限定クリアファイルが同梱されている。

最後にフェデラーは「今回『フェデラー RF レガシーボール』を販売出来ることを嬉しく思っています。私もすごく気に入っているので、きっと皆さんも気に入ると思いますよ」とファンへ向けてコメントした。

「フェデラー RF レガシーボール」は多くの大会の公式試合球として使用される「Wilson USオープン・エクストラデューティ」と、練習球として人気の「Wilson ツアースタンダード」の間に位置するクオリティ。商品の発送は2018年4月の予定となっている。

>>フェデラー RF レガシーボール詳細はコチラ<<


■関連ニュース■ 

・フェデラー 錦織は「欠かせない」
・フェデラー 全豪の錦織が分岐点
・フェデラー来日、錦織を語る
(2017年12月4日10時44分)

その他のニュース

7月17日

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!