- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡良仁 ナダル戦が今季1番

男子テニスで今年3月に世界ランク58位へ上り詰めた西岡良仁は24日にtennis365.netの独占インタビューに応じ、今シーズン1番印象に残っている試合はR・ナダル(スペイン)と3月に対戦したアビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)準々決勝と語った。


【憧れのナダルと初の激突】

今季、西岡は1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で大会初勝利をあげると、3月のアビエルト・メキシコ・テルセルでは予選で今年のメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、室内ハード、ATP250)覇者のR・ハリソン(アメリカ)らを下して本戦入り。

さらに1回戦で、今年のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)を制してNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)へ出場したJ・ソック(アメリカ)に逆転勝ち。2回戦でJ・トンプソン(オーストラリア)に勝利してATP500初の8強入りを果たし、ナダルへの挑戦権を手にした。

「小さい頃はナダル選手が好きで、雑誌を見ながらフォアハンドを真似していました。その憧れの選手とコートに入り、BIG4では初めての対戦と考えると、ちょっと緊張しました」

迎えたナダルとの準々決勝、先手を取ったのは西岡だった。

「試合前に動画を見て、作戦を立てました。ナダル選手のフォアのダウン・ザ・ラインを封じようと思い、高い軌道で打ちました。クロスの展開から浅くなればダウン・ザ・ラインを打ち、それを繰り返しました。それが、かみ合いました」

序盤でブレークに成功した西岡はナダルの足を止めるフォアハンドのウィナーを決めるなどで優位に立った。しかし、当時世界ランク6位のナダルに挽回を許して第1セットを落とすと、最後はスマッシュを決められて1時間57分で力尽きた。

大会期間にはN・ジョコビッチ(セルビア)と練習した西岡は「(ジョコビッチの)コントロールがすごかったです。僕が思い切り打っても、ベースラインのギリギリに返球してきた。球が浅くならず、深かったのが1番の印象です」とトップレベルを体感した。


【ワウリンカ戦で世界トップレベルを痛感】

西岡の勢いは止まらず、翌週のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)2回戦でI・カルロビッチ(クロアチア)、3回戦では元世界ランク4位のT・ベルディヒ(チェコ)を逆転で下してマスターズ初の16強入りを決めた。

「カルロビッチ選手のサーブは取れないので、1チャンス来たらラッキー。練習では何度も勝っていたので、相性は良いと思っていました。3回戦は(第2セット)2ブレークダウンからだった。身体もきつく、ベルディヒ選手の球を抑え切れていなかった。2−5になっても最後までやり切ろうと決めていて、それがうまくいきました。そういうメンタルは大事だと改めて感じました」

その後、四大大会3勝を誇るS・ワウリンカ(スイス)と4回戦で対戦した西岡はフルセットの激闘の末に惜敗。6-3, 3-6, 6-7 (4-7)のスコアで敗戦を喫したが、タイブレークでは芸術的なロブからボレーを決めて観客を沸かせた。

ワウリンカ戦については「勝てるビジョンはありました。ワウリンカ選手に対してはナダル選手と試合をしていたので、このレベルでもできるとわかっていた。向こう(ワウリンカ)も僕のことをあまり知らなくてやりづらく、ランキングで下の僕に負けられなかったと思います」と振り返った。

その試合で西岡は「ワウリンカ選手は大事な場面で打ち切ってきたので、さすがトップと感じました。集中した時の強さは本当にすごかった。特にバックハンドの球は自分が疲れていたのもありましたが、すごく重かった」と世界トップレベルを痛感していた。

「後半は身体がきていたので、ボールを深く打てなかった。タイブレークに関してはボールを飛ばせず、きつかったです。返すのが精いっぱいで、自分から前に入って打てなかった。それが敗戦の理由だと思います」


【ソックからの勝利で『トップに勝てる』】

現在22歳の西岡は2017年に飛躍を遂げた。今年は下部大会のATPチャレンジャーには出場せず、ツアーでトップ選手たちと戦い続けた。

2017年は世界ランク100位からスタートし、自己最高の58位を記録した西岡は「アカプルコでソックに勝った時点で(トップに)『勝てる』と思った。今年に関してはチャレンジャーではなく、ツアーで取ったポイントだったので良かったと思います。もっと上にいけたと思っているんですが、1月からの4カ月で自信になった58位でした」と確かな手応えを感じていた。

マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)では左脚の前十字靭帯断裂により、ツアーから離脱。現在は2018年1月1日からオーストラリアで行われるATPチャレンジャーでの復帰を目指している。






■関連ニュース■

・西岡、錦織「超強かった」
・キリオス 手術の西岡へエール
・西岡良仁 錦織は「大先輩」
(2017年11月30日10時59分)

その他のニュース

8月20日

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

8月18日

インカレ男子 単複4強が出揃う (21時04分)

インカレ女子 単複4強が出揃う (20時48分)

ジョコ脱帽「世界のトップ」 (17時35分)

メドヴェデフ 3週連続決勝へ (16時05分)

全日本Jr 男子は藤原智也がV (16時00分)

全日本Jr女子、山口瑞希がV (15時17分)

ゴファン マスターズ初の決勝へ (14時22分)

インカレ 準決勝からライブ配信 (14時21分)

マレー 2週連続で単に臨む (13時48分)

錦織 練習再開、全米へ向け調整 (11時40分)

ジョコ逆転負けで2連覇ならず (9時01分)

大坂なおみ 世界1位キープ確定 (1時17分)

8月17日

羽澤慎治や小林雅哉が敗退 (23時11分)

佐藤南帆ら単8強出揃う (23時10分)

全日本Jr 17日女子結果一覧 (21時08分)

全日本Jr男子 17日結果一覧 (20時42分)

メドヴェデフ 7位以上が確定 (18時02分)

大坂から世界1位奪取王手 (15時16分)

西岡棄権「点滴2リットル」 (11時56分)

ジョコビッチ 7度目4強入り (11時41分)

大坂なおみ「全米OP心配」 (8時52分)

けがから復活 ガスケ4強へ (8時26分)

大坂なおみ途中棄権 4強逃す (6時27分)

【1ポイント速報】大坂vsケニン (6時25分)

西岡良仁、体調不良で棄権 (4時30分)

【中止】西岡vsゴファン (4時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!