- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

NextGen最終戦の独自ルール

男子テニスの21歳以下最終戦 ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズ(イタリア/ミラン、室内ハード)が7日に開幕を迎えた。

ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズは今年新設されたトーナメントで、21歳以下の選手を対象に11月7日から11日までの5日間にかけて行われる。1月からレギュラー・シーズンが終わるまでに獲得したポイントで争う「RACE TO MILAN」の上位7選手と主催者推薦枠1名の8選手が出場する。

8選手は、4選手ずつの2グループに分かれて総当り戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

今大会は独自のルールが適用されており、試合形式は、4ゲーム先取(3−3でタイブレーク)の5セットマッチで、ノーアドバンテージ方式。サービスがネットに当たって相手コートに入った場合でもそのまま試合が続行されるノーレットや、1セットにつき1回のみコーチングを受けられるオンコートコーチングなどが適用される。

また、ウォーミングアップの時間が5分に短縮。審判は主審のみで、ツアー大会のチャレンジシステムで利用されているホークアイ(ビデオ判定システム)が線審の役割を担っている。

<独自ルール>
・4ゲーム先取(3−3でタイブレーク)の5セットマッチ
・ノーアドバンテージ方式
・ノーレット:サービスがネットに当たって相手コートに入った場合でもそのまま試合が続行
・オンコートコーチング:1セットにつき1回のみコーチングを受けることが可能
・ウォーミングアップの時間が5分に短縮
・審判は主審のみで、ツアー大会のチャレンジシステムで利用されているホークアイ(ビデオ判定システム)を線審の代わりに導入
・メディカルタイムアウト1試合につき1回まで(3分間)
・ショットクロック:ポイント間は25秒を厳守

【グループA】
G・クインツィ 0勝1敗
A・ルブレフ(ロシア) 1勝0敗
D・シャポバロフ(カナダ) 0勝1敗
チョン・ヒョン(韓国) 1勝0敗

【グループB】
B・チョリッチ(クロアチア) 1勝0敗
J・ドナルドソン(アメリカ) 0勝1敗
K・カチャノフ(ロシア) 0勝1敗
D・メドヴェデフ(ロシア) 1勝0敗

世界ランク3位のA・ズベレフ(ドイツ)は、翌週から開催するNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)へ集中するため、ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズを欠場している。






■関連ニュース■

・フェデラー 試合でスカート着用
・ATP最終戦8選手出揃う
・マレー ジョコ 錦織が後退
(2017年11月8日18時21分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!