- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

高橋悠介 全日本初の頂点に

国内テニスツアーの第92回 三菱全日本テニス選手権大会(東京/有明コロシアム、ハード)は29日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードの高橋悠介(三菱電機)が第5シードの江原弘泰(日清紡ホールディングス)を0-6, 6-4, 7-5の逆転で下し、初優勝を飾った。

この日、序盤からミスが目立ち第1セットを落とした高橋だったが、第2セットでは徐々に調子を取り戻し、威力あるフォアハンドを軸に1ブレークを守ってセットカウント1−1に。

迎えたファイナルセット、高橋がパッシングショットを決めるなどで2度のブレークに成功し、ゲームカウント3−0とリードを広げる。その後2度のブレークを許して4ゲームを連取されたが、第11ゲームで再び江原のサービスゲームを破り、激闘を制した。

20歳の高橋は今大会、初戦の2回戦で坂井勇仁(早稲田大学)、3回戦で第14シードの徳田廉大(フリー)、準々決勝で第12シードの望月勇希(中央大学)、準決勝で上杉海斗(慶應義塾大学)を下し、1セットも落とすことなく初の決勝進出を果たしていた。

今シーズンはフューチャーズ3大会で優勝を飾り、楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)では予選を勝ち抜いてツアー初の本戦に進出。1回戦では、世界ランク46位のR・ハリソン(アメリカ)を相手に善戦を繰り広げた。

ベスト8進出を果たした昨年の全日本テニス選手権大会は、準々決勝で内山靖崇(北日本物産)に敗れていた。

一方、26歳の江原は惜しくも3年ぶり2度目の優勝とはならなかった。

昨年の全日本テニス選手権大会は、綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)が内山を決勝で破り、1989年の谷澤英彦以来27年ぶり 大会史上2人目となる10代優勝を果たした。






■関連ニュース■

・錦織 ベルギー離れIMGへ
・錦織 杉田を評価「30・20位」
・綿貫陽介 全日本V、史上2人目
(2017年10月29日14時16分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!