- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ATP 綿貫陽介の特集動画公開

綿貫陽介
昨年の全米Jr時の綿貫陽介
画像提供: tennis365.net
男子プロテニス協会のATPは20日、19歳の綿貫陽介を特集した動画を公開した。

>>全日本選手権 男子対戦表<<

現在開催中の寧波チャレンジャー(中国/寧波、ハード、ATPチャレンジャー)で、世界ランク430位の綿貫は予選を勝ち抜いて本戦入り。20日に行われた準々決勝では、第6シードのダニエル太郎に3-6, 7-6 (7-2), 3-6のフルセットで敗れ、惜しくもベスト4進出とはならなかった。しかし、得意のサービスとフォアハンドを軸にダニエル太郎との激闘を演じた。

今回公開された動画で綿貫はフューチャーズをメインに戦い、チャレンジャーにも挑戦していると現在の活動を明かしている。

「チャレンジャーは予選から戦わなければいけない。どの試合も、もちろんタフです。特にサービスが重要。ATPレベルでは誰もがいいサービスを打ちます。そしてフォアハンドです。なぜなら自分の武器がフォアハンドだからです」

ジュニア時代から活躍していた綿貫は、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ジュニアでベスト4進出。その後、大阪市長杯 世界スーパージュニアテニス選手権大会で頂点に立つと、全日本テニス選手権大会(東京/有明コロシアム、ハード)では1989年の谷澤英彦以来27年ぶり大会史上2人目となる10代の優勝を果たした。

今年からはボブ・ブレッド氏をコーチにつけている綿貫は「彼(ボブ・ブレッド)は技術やメンタル、どうやって勝利を手にするかを教えてくれます」と述べた。

動画ではボブ・ブレッド氏の以下コメントも公開している。

「彼(綿貫)は素晴らしいアスリートで、情熱もあり技術も高い。この2年間で大きく成長している。彼はここ寧波でも予選を勝ち抜き、本戦でも勝利した。タフな試合に勝ったのは良かった。そのような経験はとても良いこと。」

「大切なことは、勝ち進んでATPレベルまで上がること。そのためには経験が必要で、誰もが成長しながら前進する必要がある。そして、みんなグランドスラムの舞台に立って勝ちたいという夢を持っている。それを目指してチャレンジャーのレベルでの経験が大切。」

「もちろん、素晴らしい選手がたくさんいるから簡単ではない。ベテランもいるし、若い選手もどんどん出てきている。陽介もそうだし、D・シャポバロフ(カナダ)ら他にもたくさんいる。鍵はこれからどんなプレーを向けて進歩すること。決して大きな進歩でなくて構わない。ほんのわずかな進歩が違いを生んで、より成功へ導く。それが試合でも現れ、2つ3つ上のレベルへとつながっていく。」






■関連ニュース■ 

・綿貫陽介 錦織「別人に感じた」
・綿貫陽介 全日本V、史上2人目
・綿貫陽介がV 世界Jrの頂点に
(2017年10月21日18時26分)

その他のニュース

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

7月13日

フェデラーのユニクロ予約販売 (20時31分)

錦織「リベンジしたい」と綴る (17時00分)

「悔しい」と内藤/ 佐藤組 (15時00分)

劇的勝利 3時間激闘制し決勝へ (14時00分)

HEAD 新SPEED世界先行発売 (12時49分)

錦織8強当たり前と満足せず (11時00分)

王者 国枝まさかの初戦敗退 (10時00分)

ナダル、フェデラー気遣う (6時19分)

田島尚輝、複第1シード破る (2時35分)

セリーナ 決勝進出でV王手 (0時09分)

【1ポイント速報】女子準決勝 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!