- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

綿貫陽介がV 世界Jrの頂点に

ITFジュニアサーキット グレードAの大阪市長杯2016世界スーパージュニアテニス選手権大会(大阪府/靭テニスセンター、ハード)は23日、男子シングルス決勝戦が行われ、第2シードの綿貫陽介が第1シードのM・Kecmanovic(セルビア)を2-6, 6-3, 6-2の逆転で下し、大会初優勝を果たした。

>>スーパーJr 男子対戦表<<

綿貫は、昨年の同大会でシングルス準々決勝でC・ルード(ノルウェー)に敗れてベスト4進出を逃すも、ダブルスではC・ルオ(台湾)とペアで優勝を飾った。

今大会は1回戦でK・Gore(トルコ)、2回戦でO・Ayeni(アメリカ)、3回戦でC・Bittoun Kouzmine(フランス)、準々決勝で第8シードのC・Lo(台湾)、準決勝で第3シードのN・Kuhn(スペイン)をいずれもストレートで下しての勝ち上がりだった。

今季は全米オープン・ジュニア(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でベスト4進出。ダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権(大阪/大阪市、靱テニスセンター)では決勝で清水悠太を破り、初優勝を果たした。

また、同大会の男子ダブルスでは第1シードの堀江亨/ 清水組が第2シードのM・Kecmanovic(セルビア)/ E・Kirkin(トルコ)組に2-6, 6-4, [2-10]の接戦の末に敗れるも準優勝を飾った。

写真撮影:齋藤宣孝






■関連ニュース■ 

・綿貫陽介 快勝で優勝へ王手
・綿貫陽介、錦織「本当に凄い」
・清水/堀江組 惜しくも準優勝
(2016年10月23日18時25分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!