- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 6年連続16強

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は26日、シングルス3回戦が行われ、第2シードの錦織圭が第25シードのF・ベルダスコ(スペイン)を7-6 (7-2), 6-7 (5-7), 6-1のフルセットで下し、苦戦も6年連続のベスト16進出を果たした。

>>錦織vsデルボニス 1ポイント速報<<

>>マイアミOP対戦表<<

この日、第2ゲームで早くもブレークに成功した錦織だったが、連続で凡ミスを犯すなどペースを乱してベルダスコに2度のブレークを許しゲームカウント4−5に。その後、第10ゲームでブレークバックに成功してタイブレークへ持ち込み、連続ポイントでベルダスコを引き離して第1セットを先取する。

続く第2セットでは、ギアを上げた錦織が1度のブレークに成功してリードを守り、第10ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎える。しかし、取り切れずにブレークバックを許して再びタイブレークへ突入し、このセットを落として勝敗はファイナルセットへもつれ込む。

その後、徐々にリズムを掴んでいった錦織は、エア・ケイを披露するなど最後はベルダスコを圧倒し、勝利を手にした。

錦織はベルダスコとの対戦成績を3勝2敗と勝ち越した。

今大会、初戦の2回戦で世界ランク74位のK・アンダーソン(南アフリカ)をストレートで下して3回戦へ駒を進めていた錦織。続く4回戦では、世界ランク57位のF・デルボニス(アルゼンチン)と対戦する。

錦織が位置するボトムハーフではシード勢の早期敗退が相次ぎ、下半分では錦織以外の全シードが敗退。上半分では第5シードのR・ナダル(スペイン)、第13シードのJ・ソック(アメリカ)、第26シードのP・コールシュライバー(ドイツ)が3回戦進出。第3シードのM・ラオニッチ(カナダ)はハムストリングの負傷により3回戦を前に棄権している。

昨年のマイアミ・オープンでは大会初の決勝進出を果たしたが、N・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れて惜しくもマスターズ初優勝とはならなかった。

今大会は世界ランク1位のA・マレー(英国)と同2位のジョコビッチの欠場により、錦織はグランドスラムに次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で自己最高の第2シードで出場している。

前週のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)では準々決勝でソックに敗れたが、20日に発表された世界ランキングで自己最高タイの4位へ返り咲いた。






■関連ニュース■ 

・錦織11位、1位はフェデラー
・ジョコ「残念なお知らせ」
・錦織の山 シード敗退続出
(2017年3月27日3時04分)

その他のニュース

12月10日

錦織 カリフォルニアで練習 (16時45分)

1st終了 三菱とイカイが全勝 (13時05分)

ティーム、フェレールらが出場決定 (11時47分)

連覇狙う橋本総業が全勝 (11時19分)

野口莉央、今季3度目Vならず (9時35分)

12月9日

完全復活目指しオーストラリアへ (19時31分)

全豪前哨戦にイズナーら出場 (17時26分)

ナダルら4選手が年明けに激突 (14時44分)

錦織 ハワイのユニクロに登場 (11時50分)

日本リーグ 前回4強が勝利 (10時21分)

日本リーグ 橋本総業が2連勝 (9時34分)

野口莉央、複で今季2勝目 (9時06分)

12月8日

ジョコ称賛「僕らの誇り」 (18時58分)

ハレプ WTAの人気投票連覇 (17時02分)

チブルコワ 試合離れた理由報告 (15時36分)

元7位バルトリがコーチに (12時02分)

錦織 2018年10月を振り返る (11時01分)

野口莉央が単複で決勝進出 (9時06分)

日本リーグ 三菱電機が2連勝 (8時05分)

日本リーグ 女子初日一覧 (7時59分)

12月7日

錦織使用 ウルトラが7日発売 (20時57分)

井上雅が快勝、複で今季初V (20時25分)

ウィリアムズ姉妹の対戦が実現 (17時06分)

錦織が炎の体育会TVに登場 (16時05分)

元女王モレスモがコーチ就任 (14時19分)

野口莉央 単複でベスト4進出 (11時52分)

第33回日本リーグが開幕 (9時34分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!