- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

守屋宏紀、初戦突破ならず

男子テニスの下部大会である第53回 島津全日本室内テニス選手権大会(日本/京都、室内カーペット、ATPチャレンジャー)は21日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク192位の守屋宏紀C・M・ステベ(ドイツ)に3-6, 6-2, 4-6のフルセットで敗れ、2回戦進出とはならなかった。

この試合、守屋は6度あるブレークチャンスを2度しか活かすことが出来ず、1時間45分で敗れた。

26歳の守屋は予選3回戦進出を果たした1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランド スラム)以降、3大会連続で初戦で敗れており、今季序盤は苦しい戦いが続いている。

昨シーズンは、中国国際チャレンジャー2016(中国/南昌、ハード、ATPチャレンジャー)で約2年ぶりのタイトルを獲得し、10月の寧波・チャレンジャー(中国/寧波、ハード、ATPチャレンジャー)では準優勝を飾った。

その他の日本勢は、同日の1回戦で伊藤竜馬関口周一を6-2, 6-3のストレートで下して2回戦進出を果たしたが、吉備雄也上杉海斗は敗れている。

今大会は第1シードが杉田祐一、第2シードがG・ゼミヤ(スロベニア)、第3シードがR・ベーメルマンス(ベルギー)、第4シードがZ・ザン、第5シードがA・ウィッティントン(オーストラリア)(オーストラリア)、第6シードがB・カブチッチ(スロベニア)、第7シードが伊藤竜馬、第8シードがA・ヴェロティ(アルゼンチン)。

昨年は、杉田がザンに5-7, 6-3, 6-4の逆転で勝利して初優勝を飾った。






■関連ニュース■ 

・綿貫 陽介、接戦制し初戦突破
・守屋宏紀V「本当に嬉しい」
・守屋宏紀「まだまだこれから」
(2017年2月21日19時07分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!