- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーV「信じ続けた」

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は29日、男子シングルス決勝戦が行われ、宿敵であるR・ナダル(スペイン)との死闘をフルセットで制し、悲願の四大大会タイトルを獲得した35歳のR・フェデラー(スイス)は、試合後の会見で「まだ勝てる可能性があると信じ続けた。それが試合の最後にベストのプレーが出来た要因だと思う」と振り返った。

>>全豪OP 対戦表<<

「ラファ(ナダル)とまた壮絶な試合が出来たことが大切。5年近くグランドスラムの優勝がなく、この年齢になってもここで多くの応援をもらえた。それが出来たことに大きな意味を感じている。」とフェデラー。

全世界のテニスファンが注目した決勝戦、3時間37分に及んだ激闘を制したフェデラーは、四大大会では2012年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来約5年ぶりの優勝、さらに歴代最多優勝数を更新する18勝目をあげた。

「リラックスしてプレーしようと言い聞かせた。ボールだけに集中して相手のことは考えない。頭を空っぽにして、ただ思いきってショットを打つだけ。」

「第5セットも序盤にチャンスはあった。そして戦い続け、信じ続けた。それは今日の試合を通してしていたこと。」と、試合中の心境を話した。

また、フェデラーにとって最大のライバルと言えるナダルについて「ノヴァーク(N・ジョコビッチ(セルビア))も、A・ロディック(アメリカ)L・ヒューイット(オーストラリア)もそうだった。でもラファ(ナダル)は確実に自分のテニス人生で特別な存在。彼がいたから自分はここまでの選手になれた。それは公言してきたこと」

「お互い怪我から復帰している。だからどちらが勝ってもそれは素晴らしことだったはず。でもテニスに引き分けはなく、時にはこれが酷なことだとも感じる」と、特別な想いを語った。






■関連ニュース■ 

・フェデラー「本当にありがとう」
・ナダル「ロジャーおめでとう」
・フェデラーvsナダル GS戦績
(2017年1月30日11時41分)

その他のニュース

6月18日

フェデラー 世界王者返り咲き (17時37分)

ベネトーら本戦出場者決定 (17時15分)

【告知】大坂なおみvsボールター (17時02分)

【告知】杉田vsマーテラー (15時57分)

【告知】錦織vsバッヒンガー (14時03分)

ハレ 予選勝者4選手出揃う (14時01分)

錦織 世界ランク27位へ後退 (10時34分)

ガスケ 同国対決制し優勝 (9時12分)

フェデラー「復帰戦」でV (8時19分)

6月17日

フェデラー、メルセデス杯 初V (21時36分)

【1ポイント速報】フェデラーvsラオニッチ (20時00分)

土居美咲、甲府で単複2冠 (17時44分)

マレー 初戦は好調キリオス (17時18分)

コカイン処分明け初の決勝へ (16時06分)

「満足」フェデラー 再び1位へ (14時31分)

錦織らハレ組合わせ発表 (11時05分)

フェデラー決勝へ 世界1位奪還 (1時34分)

【1ポイント速報】フェデラーvsキリオス (1時01分)

6月16日

大坂 芝で初の決勝進出ならず (23時29分)

【1ポイント速報】大坂 準決勝 (22時58分)

トミック4強 ベルダスコ撃破 (18時01分)

世界157位へ後退マレー復帰 (14時27分)

フェデラー4強 世界王者に王手 (10時58分)

大坂なおみ 芝でツアー初4強 (0時49分)

【1ポイント速報】大坂 準々決勝 (0時45分)

6月15日

【1ポイント速報】フェデラー準々決勝 (23時24分)

ガスケ 圧勝でベスト8へ (19時07分)

19本のエース決め8強入り (18時09分)

ヴェキッチや大坂ら8強出揃う (16時24分)

ペール破り連敗ストップ (11時50分)

キリオス 復帰戦は白星発進 (11時25分)

現役復帰を断念「右肩に痛み」 (10時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!