- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元女王へ引退惜しむ声集まる

女子テニスで元世界ランク1位のA・イバノビッチ(セルビア)が28日、自身のフェイスブックで現役引退を表明し、女子テニスのC・ウォズニアキ、S・ウィリアムズ(アメリカ)A・ケルバー(ドイツ)P・クヴィトバ(チェコ共和国)らは自身のツイッターでイバノビッチの引退を惜しむメッセージを送った。

今シーズン、セリーナを抜いて初の世界ランク1位に上り詰めたケルバーは「ツアーで最も親しい選手の一人のアナ、寂しくなる。素晴らしいテニス人生だった。エキサイティングな新しい人生にも幸運を」と綴った。

元世界ランク1位のウォズニアキは「ツアーにあなたがいないのを寂しく思う。しかし、あなたと、これからの新しい人生に訪れることに興奮している。また会いましょう」と投稿。

先日自宅でナイフを持った強盗に襲われ、利き手の左手に重傷を負ったクヴィトバも「コートであなたの笑顔が見られなくなるのは寂しい。アナ、あなたは素晴らしいファイターで、プロフェッショナルであり最高の人間。テニスのあとの人生も楽しんで」と元女王の引退を惜しんだ。

29歳のイバノビッチは、2003年にプロ転向を果たすと、2005年にツアー初タイトルを獲得。2008年には全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で決勝進出、その後の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では四大大会初優勝を果たし、この年に初めて世界ランク1位へ上り詰めた。

オフコートでも、2007年からセルビアの国連大使を務め、学校での子供達の安全に力を注いでいた。また、今年7月にはドイツ出身のプロサッカー選手であるB・シュヴァインシュタイガーと挙式をあげた。

今シーズン終盤は、手首の怪我によりツアーをから離れており、1回戦敗退となった全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)が現役最後の公式戦となった。






■関連ニュース■ 

・元女王、重大発表は現役引退
・ジョコ招待しない? 元女王結婚
・セリーナ婚約 相手はSNS創立者
(2016年12月30日22時00分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!