- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

福井氏 2016年の日本テニス語る

福井烈
インタビューに応じた福井烈氏
画像提供: tennis365.net
国内テニスツアーの全日本選手権で7度の優勝(最多記録)を誇り、味の素ナショナルトレーニングセンターの副センター長を務めるなど多方面で活躍されている福井烈氏が15日、tennnis365.netの独占インタビューに応じた。

【福井烈氏 独占インタビュー】

Q.今年印象に残っている試合
1つ目は、オリンピックに出場した日本人選手が全員勝ったこと。男子は錦織圭ダニエル太郎杉田祐一が、女子は土居美咲日比野菜緒、土居・穂積絵莉のダブルス。この全種目で全員がオリンピックで勝ったという事実も本当に日本のテニスが大きく成長したなと実感した。これは私たちだけでなく、世界のテニス界の人たちにも日本のテニスが強くなった事を印象づけたと思います。

その影に、忘れてはならないのは選手が活躍するためにスタッフが本当に献身的に対応したこと。とにかく総動員で取り組みました。フィジカル面だけでなく、メンタル面でも選手には心強いものを感じてもらえたんじゃないかなと思います。

2つ目は、錦織の全米オープン、A・マレー(英国)に勝ってベスト4進出を果たしたこと。オリンピックとはまた違う戦い方で、あの試合も凄かったですね。四大大会のチャンピオンになるのも本当に見えてきたなという感じがした。もちろん、まだマレーとN・ジョコビッチ(セルビア)とはATPポイントが離れていますが、最高のプレーをしたら本当に勝てるんだなと実感しました。

3つ目は、大坂なおみが東レ パン パシフィック オープンテニスで準優勝したこと。土居や奈良くるみ、日比野も頑張っています。男子だけじゃないぞと、また新しいポテンシャルの高い子が出てきた。全豪オープン・全仏オープン・全米オープンと3回戦までいってますし、WTAの最優秀新人賞も貰いました。あのパワフルなテニスは何より魅力的なので、彼女に対しても世界が注目している。

(大坂は)世界の選手の中でも、凄くポテンシャルの高い伸びしろのある選手だと思いますね。まだまだ荒削りですが、今まではミスになっていたボールが入ってきて試合に安定感が生まれ勝てるようになってきました。間違いなくトップへいける才能を持っていると思いますが、そんなに甘いものでもない。しかし間違いなくそのポテンシャルは持っているので楽しみです。

4つ目は、デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦のウクライナ戦。何故かというと、錦織のシングルスなしで勝ったことが大きい。錦織が出て勝つのはランキング的にも不思議はないですが、錦織がシングルスに出ないで西岡とダニエルで勝った。ワールドグループ残留も決めましたし、世界に錦織だけじゃないぞとアピールできたと思います。

5つ目は、綿貫陽介の10代の全日本優勝。谷澤英彦が1989年に17歳9カ月で勝って以来27年ぶりのこと。しかも、第1シードの守屋宏紀にも第2シードの内山靖崇にも勝ってるというのは本物ですよね。これで、綿貫も世界のスタートラインに立てたと思います。

また、パラリンピックの車いすテニスで上地結衣国枝慎吾・斉田悟司がメダルを取ってくれたこと。テニスという大きな括りで考えると、日本は世界のスター選手をようしていて、上地はパラリンピックの日本代表選手団の旗手も務めました。これは忘れてはならないことだと思います。

最後に、石黒修さんが80歳で亡くなられたことです。戦後初のプロテニスプレイヤーで、今まで話しをしてきた選手たちの道を作ってくださった方なんです。決して良いニュースではないですし、本当にショックで、残念ですけど、我々がその意思を継がなければと思っています。






■関連ニュース■ 

・錦織 今年の成長株3位に
・錦織 崖っぷち試合が3位に
・戦後初プロ選手 石黒修氏死去
(2016年12月20日19時44分)

その他のニュース

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

6月13日

コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

6月12日

【1ポイント速報】大坂なおみ リベマOP2回戦 (23時11分)

得意の芝で元世界6位が復帰 (16時18分)

元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝 (14時28分)

ズベレフ 疲労の蓄積で母国大会欠場 (12時39分)

柴原瑛菜 ラドゥカヌに屈し初戦敗退 (12時16分)

マレー 今季芝初戦で黒星 (11時37分)

島袋 ノリーにフルセットで敗れる (10時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!アンドレースクが熱戦制し4強 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!