- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 ベストマッチは全米QF

錦織圭
全米OP時の錦織
画像提供: tennis365.net
男子テニスで世界ランク5位の錦織圭の今年のベストマッチについて、テニス365のツイッターでアンケートを行った結果、A・マレー(英国)との全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)準々決勝が1位に輝いた。

【錦織圭の今年のベストマッチは?】回答数2,188票

1位:全米オープン準々決勝 1-6, 6-4, 4-6, 6-1, 7-5 A・マレー
52パーセント(1,138票)

2位:リオデジャネイロ・オリンピック3位決定戦 6-2, 6-7 (1-7), 6-3 R・ナダル(スペイン)
17パーセント(372票)

3位:デビスカップ ワールドグループ 5-7, 6-7 (6-8), 6-3, 6-4, 3-6 A・マレー
16パーセント(350票)

4位:リオデジャネイロ・オリンピック準々決勝 7-6 (7-4), 4-6, 7-6 (8-6) G・モンフィス(フランス)
15パーセント(328票)

1,138票を獲得した全米オープン準々決勝のマレー戦がダントツの1位となった。この時まで1勝7敗とマレーに大きく負け越していた錦織だったが、1-6, 6-4, 4-6, 6-1, 7-5の逆転で勝利し、2年ぶりのベスト4進出を果たした。マレーからの勝利は2014年のATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、ハード)予選ラウンドロビン以来、2年ぶりだった。

続く2位は、大きく差が開いてナダルとのリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、 ハード)3位決定戦がランクイン。 6-2, 6-7 (1-7), 6-3のフルセットで下し、熊谷一弥以来となる日本勢96年ぶりの銅メダルを獲得した。






■関連ニュース■ 

・錦織 2017前半の日程発表
・錦織 マレーは「僕の中で1番」
・錦織 地元メディアから高い評価
(2016年12月14日10時45分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!