- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ、フェデラーに並べず

男子テニスのATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は20日、シングルス決勝が行われ、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は第1シードのA・マレー(英国)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、5連覇とR・フェデラー(スイス)に並ぶ史上最多6度目の優勝とはならなかった。また、世界ランキングで3年連続5度目の年間1位も逃した。

>>ファイナルズ組み合わせ表<<

決勝戦、第1セットを落としたジョコビッチは第2セットもミスを重ねてしまい、1時間43分で力尽きた。この試合でマレーのファーストサービスが入った時には84パーセントの高い確率でポイントを獲得され、1度ブレークバックするのがやっとだった。

両者は今回が35度目の対戦で、ジョコビッチの24勝11敗。

11月上旬の世界ランキングで2014年の7月7日から122週守ってきた1位の座からマレーに抜かれ2年ぶりに2位へ転落したジョコビッチ。

この日、マレーに勝利して優勝すると再び世界ランク1位の座を手にしていたが、その夢は叶わなかった。

今年は全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で史上8人目の生涯グランドスラムを達成したジョコビッチだったが、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)とリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で早期敗退を喫するなど不振が囁かれていた。

しかし、今大会は予選ラウンドロビンでグループ・イバン レンドルを1位で通過し、準決勝では第5シードの錦織圭(日本)に快勝するなど好調な戦いを見せていた。

ATPワールドツアー・ファイナルズは4選手が2グループに分かれて総当り戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは予選ラウンドロビン1勝あたり200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。

予選ラウンドロビンの結果は以下の通り。

【グループ・ジョン マッケンロー】
(1)A・マレー 3勝0敗
(3)S・ワウリンカ(スイス) 1勝2敗
(5)錦織圭 1勝2敗
(7)M・チリッチ(クロアチア) 1勝2敗

【グループ・イバン レンドル】
(2)N・ジョコビッチ 3勝0敗
(4)M・ラオニチ 2勝1敗
(6)G・モンフィス(フランス) 0勝2敗
(8)D・ティエム 1勝2敗
(9)D・ゴファン(ベルギー) 0勝1敗






■関連ニュース■ 

・錦織 ジョコは「強すぎた」
・錦織をマレーが絶賛「上手い」
・錦織 痛感「ジョコと差ある」
(2016年11月21日10時01分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!